神島の調査  

3月1日
 国指定天然記念物、神島の調査に行って参りました。

 神島は上陸禁止なので、許可を得て調査に行って参りました。
 熊楠が書き記した植物が現存するか否か、現存すればその画像や映像を撮りデータベース化するとともに現状の神島の状態を記録しておくというものです。
 もちろん熊楠が守ったあの神島(かしま)です。
 調査に行ったことをご存じの皆様、「行ったくせに書くのが遅い!」とお思いかも。。。。。
 高野山展の準備で忙しいので、お許しを。

 てなわけで珍しい神島の写真をアップします。
b0138370_17211979.jpg
神島の歌碑
b0138370_1722685.jpg
昭和5年6月1日撮影
 昭和天皇が熊楠を謁見された地点に歌碑が建てられています。
 碑には熊楠自詠自筆の歌が刻まれています。

 一枝も 心して吹け 沖つ風 わが天皇(すめらぎ)の めでましゝ森ぞ

b0138370_17233689.jpg
 裏には新庄村長、南方研究所と刻まれています。
b0138370_17222716.jpg
 もちろん許可なく上陸することは禁止されています。
b0138370_172489.jpg
 南の島っぽくないですか? ちょっと木の種類が違うけど。
b0138370_17253537.jpg
 名前を聞きましたが忘れました。
b0138370_17245136.jpg
神島大明神
 大山(おやま)の頂上にあります。

 「古来紀州の沿海80里と称せらりし、その多くの島嶼中、樹木密生して波打ち際に接せること、よくこの島に及ぶものあらず。東島(大山)の島頂に古来健御雷之男命と武夷鳥命を祀り、海上鎮護の霊祗として、本村(新庄村:現田辺市新庄町)は勿論近隣町村民の尊崇はなはだ厚く、除夜にその神竜身を現じて海を渡るよう信じたり。」 【「神島の調査報告」より  平凡社『南方熊楠全集 第10巻』所収】

b0138370_17251651.jpg
b0138370_17265746.jpg
彎珠(ワンジュ)
彎珠はハカマカズラのこと。マメ科の植物
b0138370_1726737.jpg
 熱帯のジャングルのようにいたるところ蔓が絡まっています。
b0138370_1727276.jpg
 鳥の巣側からは大山頂上の神島大明神に参る階段が続いています。普通に登れるような代物ではないが。。。。
 この階段をところに鳥居がありました。
b0138370_17262375.jpg
キノコ
b0138370_17263286.jpg
彎珠(ワンジュ)
b0138370_17275223.jpg
彎珠の実 マメ科だけあってサヤから黒い実がのぞいています。
b0138370_17275963.jpg
 昭和9年、神島調査のために熊楠が上陸した浜
b0138370_17265397.jpg
 同じ所の写真を撮ろうと思って、写真を印刷してたのですが持って行くの忘れました。。。。。
b0138370_1727252.jpg
 この調査は昭和9年11月3日~18日まで行われたもので、天然記念物指定申請のための調査でした。
b0138370_1727985.jpg
 神島から鳥の巣方面
b0138370_17283327.jpg
 黒いのが彎珠の蔓です。
b0138370_17285470.jpg
小山(こやま)
 大山から撮影
b0138370_17274919.jpg
 小山から大山の歌碑が建っている浜を撮影
b0138370_17275653.jpg
b0138370_17291829.jpg
神島から田辺三山(っていうのかな?)
 右から旧田辺市で最高峰の槇山795.8m、高尾山605.5m、三星山548.8mです。




【くまきち】
[PR]

by kumagusu-m | 2009-03-05 19:10 | 取材等

<< ニワザクラ      講演会 南方熊楠と高野山、そし... >>