南方熊楠邸、顕彰館は無事です!  

まずは、本日の花の様子など。。。


b0138370_21364657.jpg
アンズ
昨日よりも咲いています。


b0138370_21371625.jpg
ヤブツバキ

いやいや、のんきに花の様子を紹介している場合ではない。
まず、南方熊楠邸の安否を知らせねば。

ご安心下さい。南方熊楠邸と顕彰館は無事です!というか、通常通り、開館していました。

田辺は昭和35年のチリ津波では、被害を被っています。そのときは4mほどで、床上浸水292戸。

b0138370_2138846.jpg

文里湾付近の写真
【『ふるさとの思い出写真集 明治 大正 昭和 田辺』 紀南文化財研究会編 国書刊行会発行】

うちの姫も9時前に避難所開設のため呼び出されました。
昨日、講演会あったので、顕彰会の先生方も調査しているし、田辺翻字の会もあるんやけどなあ。

ハワイで1mちょいやし、津波警報なので顕彰館は安全圏内。
  大津波警報・・・高いところで3m程度以上
  津波警報・・・高いところで2m程度
  津波注意報・・・高いところで50cm程度

ここ顕彰館は海抜5m(だったと思う。。。。。。)。

ゆえに、田辺翻字の会は開催することに。
参加者からは、開催するのかしないのかの問い合わせもありませんでした。
昨日の講演会を聴きにきて、そのまま田辺で宿泊している方もいらっしゃるし。

b0138370_10181120.jpg

顕彰館はそのままオープン。
とりあえず、貼り紙をして、お客様には、海岸へは近づかないように注意を呼びかけました。
昼過ぎに到達予定なのは知っていましたが、お昼のニュースでは和歌山県には午後2時半とのこと。

ん?2時半。。。。。。 何も言いますまい。

JRが止まっているし、警報から注意報になっても動くかどうかは分からないとのこと。
明光バスに訪ねると、大阪・和歌山方面の高速バスは通常通り運転しているとのこと。よかった。とりあえず翻字の会へ大阪方面から来ていただいてる方々も帰れそうだ。

これ高速なかったら、やばかったかも。陸の孤島になりかねん。

結局、まだ警報は続いていて、姫は12時間以上戻ってない。

ごめん姫、お先に帰るよ。

おっと電話がかかってきた。

姫は帰れるようになったらしい。お疲れ様。



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2010-02-28 21:38 | お知らせ

<< 第20回南方熊楠賞受賞者発表      『熊楠をもっと知ろう!』シリー... >>