大法輪 6月号  

大法輪 2010年 06月号 [雑誌]

大法輪閣


顕彰会学術部の奥山直司高野山大学教授の「南方熊楠と大乗仏教 (上)真言僧・土宜法龍との交流をめぐって」が掲載されています。(P132-139)

奥山先生は、先頃刊行された『高山寺蔵 南方熊楠書翰  -土宜法龍法龍宛 1893-2922』の編者の一人で、その書簡を使い、熊楠が仏教をどう考えていたかが、解説されています。





【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2010-06-12 10:59 | 書籍 | Comments(0)

<< 今年も粘菌(変形菌)発見      講演会をしていただいた先生方へ >>