熊楠の森 -神島  

熊楠の森 神島

後藤 伸 / 農山漁村文化協会


2月25日 農文協より「熊楠の森-神島」が刊行されます。

熊楠の森-神島
著者/後藤伸、玉井済夫、中瀬喜陽


熊楠が必死に守った伝説の島から、森の原形、先人の知恵が見えてくる。
熊楠が最後に残した原始の森「神島」。
その後の厳重な保護にもかかわらず、わずか半世紀で大きく変貌した謎に迫る。
【帯より】




紀伊民報へ連載された後藤先生の「神島-南方熊楠が残した森」。
完結することなく、先生は亡くなられましたが、今回後藤先生の講演記録の追加、玉井先生、中瀬館長の加筆により、本として新しい命を与えられました。(おおっ、ちょっといい表現かも!?)


定価2000円+税
お近くの書店でお求め下さい。


3月19日より、当館で特別企画展「神島」を開催しますので、是非お越し下さい。




【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2011-02-23 19:49 | 書籍

<< 第10回特別企画展「神島」開催中!!      南方を訪ねてinつくば >>