南方熊楠シンポジウム  

 10月2日(日)明治大学アカデミーコモンにおきまして、和歌山県・明治大学主催の「南方熊楠シンポジウム」が開催されました。

COP10一周年・国連生物多様性の10年・国際森林年記念行事
南方熊楠シンポジウム
~南方熊楠のエコロジー思想とは何か?~

○日時:平成23年10月2日(日)13:30~17:00

○場所:明治大学アカデミーホール(アカデミーコモン内)

○開催趣旨:南方熊楠(1867-1941)は、和歌山県出身で、民俗学の分野における近代日本の先駆者的存在であり、博物学、宗教学の研究や、植物学、特に「隠花植物」と呼ばれていた菌類・変形菌類・地衣類・蘚苔類・藻類の日本における初期の代表的な研究者です。今からちょうど100年前に生物どうしのつながりの重要性、つまり現代の生物多様性の考え方に通じるエコロジーの思想で自然保護運動を展開しました。熊楠の視点は生命のつながりの大切さでした。東日本大震災は私たちの生活に計り知れない影響を与えています。自然への畏敬、命の尊さを改めて考え直さなければなりません。「生きる」ことは一人ではありません。人と人がつながり、自然との共生のなかで生きています。シンポジウムを通して、熊楠のエコロジー思想を現代社会に問いかけます。

○プログラム
・基調講演
 荒俣宏(作家) 「熊楠とエコロジーの物語-そこに愛と神があった」

・講演
 中村桂子(JT生命誌研究館館長) 「生命誌の世界と熊楠」
 井川憲明(元明治大学農学部教授) 「熊楠のエコロジー思想」
 黒田大三郎(環境省参与) 「熊楠の愛した“生物多様性の宝庫-熊野”」

・座談会 
 「紀州的エコロジーのススメ」 
 荒俣宏・中村桂子・井川憲明・黒田大三郎・仁坂吉伸

主催:和歌山県・明治大学  共催:環境省
後援:NHK・朝日新聞社・国立科学博物館・南方熊楠記念館・南方熊楠顕彰館・生き物文化誌学会・国際熊野学会

○同時開催/展示「熊楠と熊野」
平成23年10月2日(日)10時~18時
明治大学アカデミーコモン2階会議室
・南方熊楠の遺品・標本展示
・熊楠ゆかりの地「和歌山」の紹介
・未公開映画「熊楠KUMAGUSU」特別上映

○並行開催/パネル展「エコロジーの先駆者 南方熊楠」
平成23年9月20日~10月2日
明治大学アカデミーコモン1階エントランス


県からの協力要請により、南方熊楠顕彰会役員、事務局は前日(10月1日)から準備に入りました。
昨年度からこの話はあり、南方熊楠顕彰会・顕彰館は、講師選定のの相談を受けたり、資料画像の提供、パネルの貸し出し、県作成パネ・ちらし・展示物キャプションなどの校正、その他大々的に協力してきました。
今回も要請により、手伝いに行きました。もちろんPRブースもあります。

b0138370_1145555.jpg
アカデミーコモン
全体の写真は撮り忘れました。

まずは、講演会と同日開催の展示「熊楠と熊野」の準備です。
b0138370_121262.jpg
展示資料ですが、顕彰館から貸し出したのは、
・動物学3点
・ミナカテルラ・ロンギフィラ色彩図1点
・「ネイチャー」1点(東洋の星座掲載号)
・矢吹義夫宛・封書1点(履歴書)
・土宜法龍宛熊楠書簡1点(南方マンダラが書いている書簡)
・南方熊楠林中裸像写真1点
・川村竹治宛封書1点(エコロギーと書いてある手紙)
・松村任三宛封書2点(南方二書)
・キャラメル箱(森永製菓と新高製菓)2点
の13点。

他に
・少年時代の熊楠(清水崑画)〔南方熊楠記念館蔵〕
・和漢三才図会(原本)〔南方熊楠記念館蔵〕
・ミナカテルラ・ロンギフィラ標本〔国立科学博物館蔵〕
・菌類図譜と標本〔国立科学博物館蔵〕
・南方熊楠愛用の携帯顕微鏡〔南方熊楠記念館蔵〕
・植物研究所設立趣意書〔南方熊楠記念館蔵〕
・フロックコート〔南方熊楠記念館蔵〕
・進献図複製 〔国立科学博物館蔵〕
・進献標本〔国立科学博物館蔵〕
・デスマスクと南方文枝日記〔個人蔵〕
が展示されました。

一日だけの展示ではもったいない気もしますが。。。。。。。
b0138370_1214011.jpg
その後、PRブースの設営。
もめ事もありましたが、なんとか見栄えよく設営できました。(^_^)
b0138370_122782.jpg
展示スペース
掛かっているパネルは昨年の夏の特別企画展「南方熊楠の自由研究」のものです。
b0138370_1221899.jpg
6時過ぎから3Fの物品販売コーナーを設営。



10月2日
さあ、いよいよシンポジウム開催日です。

9時前から会場最終チェック。
b0138370_1222436.jpg
2階PRコーナーの顕彰館ブース、左隣は記念館、右隣は環境省。

申込者が殺到し、受付開始1週間で定員に達し、1,250人を受け付けた段階で受付を締め切ったようです。
このホールでそれだけ人が集まるのは初めてだそうで、PR、展示会場、講演会場とも10時にオープンの予定でしたが、来場者整理に不安が残るということで講演会場(3F)は12時開場ということになりました。
物品販売コーナーを3Fに設営していたのですが、12時までは2FのPRコーナーで販売することになりました。
b0138370_1223124.jpg
顕彰会のオリジナルグッズや顕彰会発行の書籍を取り扱います。
一般には流通していない物です。
さすがに時期が時期だけに扇子は大阪のイベントほど売れませんでした。
当初、台風12号による被害の募金箱も設置する予定で、箱も持って行っていたのですが、県がするというので、遠慮しました。
b0138370_1223455.jpg
世界一統のブース。
ご存じ、熊楠の生家です。
b0138370_122449.jpg
和歌山県の物産紹介コーナー。
b0138370_12503011.jpg
明治大学アカデミーコモン1階エントランスで9月20日~10月2日の間開催されているパネル展「エコロジーの先駆者 南方熊楠」。
b0138370_12503525.jpg

b0138370_1445049.jpg
10時開場
展示会場前では熊野ツーリズムビューローが観光パンフを配布。
b0138370_12504585.jpg
b0138370_12505610.jpg
展示会場
開場後すぐ。
b0138370_1251515.jpg
12時前
b0138370_12511172.jpg
顕彰館ブース
b0138370_12511735.jpg
顕彰館ブース前で説明する田村義也氏(南方熊楠顕彰会学術部副部長)。
県から打合せが終わったら、知事・出演者を展示会場に案内するので、誰か説明してほしいとの要望があり、田村氏に依頼していたのですが、結局打合せが長引き、無駄骨となりました。
田村さん、すみません m(_ _)m
b0138370_12512154.jpg
花王のブース。
花王エコラボミュージアムには、熊楠に関する展示もあります。もちろんこちらも顕彰会が協力。
b0138370_12512678.jpg
3階会場前の一般書籍販売コーナー
b0138370_12513537.jpg
南方熊楠顕彰館コーナー
b0138370_12513867.jpg
熊野ツーリズムビューローコーナー
b0138370_12514474.jpg
b0138370_12515052.jpg
開場が近づき、1F受付も混雑してきました。
b0138370_12520100.jpg
会場内
b0138370_1252239.jpg
和歌山県知事あいさつ
b0138370_12521030.jpg
基調講演を行う荒俣宏氏
b0138370_12521333.jpg
中村桂子氏(JT生命誌研究館館長)
b0138370_12522239.jpg
井川憲明氏(元明治大学農学部教授) 
b0138370_12523820.jpg
黒田大三郎氏(環境省参与)
b0138370_12524294.jpg

講演内容については、会場内に居ませんでしたので分かりません。

今回のシンポでは改めて熊楠の人気をしりました。
顕彰館や記念館のPRコーナーにも沢山の人が来てくださり、熱心に質問をされる方が多かったです。
最初1000人規模の会場でシンポをすると聞いたときは、「正気かよ?」と思いましたが。。。。。

今回のシンポの様子は12月11日(日)14:00から NHK-Eテレ(教育テレビ)で全国放送される予定です。座談会の模様を中心だそうですが。。。。

なお、顕彰会の機関誌ワークス39号(H24.4発行)でもご紹介する予定です。
講演記録ではなくシンポの様子をレポートする感じです。
刺客(?)を会場内に送り込んでいました。



ツイッターにも書きましたが、来館者が激減しています。
台風12号の報道で「田辺市」、「田辺市」と報道されるので、顕彰館にも問い合わせや、お見舞いのご連絡がたくさん入りました。

でも、田辺の観光資源はほとんど無傷なんです。
大斎原・熊野本宮館が水に浸かったり、一部の古道が通れなくなったりしましたが。。。。。。
特に熊楠が過ごした「田辺町」は全く問題ありません。

今は田辺市の東西を結ぶ大動脈国道311号線も仮設(仮設といえども結構立派)道路ができ、通行できるようになりました。通常の観光では特に不自由はありません。

本宮の旅館も営業を始めています。
那智山への道路も開通したようです。

是非和歌山へお越し下さい。



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2011-10-06 16:35 | 関連展示・イベント

<< 陰陽の滝      陰陽の滝は無事でした!! >>