別冊太陽 日本のこころ192号は南方熊楠  

平凡社の『別冊太陽 日本のこころ 192号』は南方熊楠です。
2012年1月19日発売です。
平凡社の別冊太陽のホームページには発売と同時にUPされるそうです。
価格は未定。


同社の『月刊太陽』では、「特集 奇想天外な巨人 南方熊楠」(1990年11月号)として取り扱っていただいていますが、『別冊太陽』では初めてとなります。 

前回ご紹介した『南方熊楠大事典』と迷っている方、こちら(『別冊太陽』)は写真や資料画像をふんだんに使った構成となっていますので、全く異なったものとなるはずです。

それから、
平凡社の熊楠のゆかりの地への取材は、なんと、台風12号の1週間に行われたのです。

台風12号により那智は甚大な被害を受けました。
陰陽の滝は残っているものの、谷は土砂が崩れ、昔の面影(被災後の様子)はありません。
『別冊太陽』には、熊楠がみたであろう那智の風景に近い、それでいて最後の風景がおさめられているはずです。

まあ、熊楠が那智にいたのは明治22年の水害の約10年後ですから、当時は今とよく似た、岩にコケなどの植物があまりついていない風景が広がっていたのかもしれませんが。。。。。。。


まあ、12月から1月にかけて出版、放送ラッシュです。
時期が来たら詳細を報告します。

また、名古屋、東京で関係セミナーも開かれる予定です。
名古屋の方はちょっと苦戦しています。
こちらの講演内容は間違っていますね。
こんな難しい話はしません。







【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2011-11-17 17:55 | 書籍

<< 大阪大学総合学術博物館 第14...      南方熊楠大事典(勉誠出版)いよ... >>