1/22 Eテレ シリーズ「日本人は何を考えてきたのか」放送!! レポーター西島秀俊さん  

ようやく本日解禁となりましたので、お知らせします。

西島秀俊さんが来館したと先に書きましたが、実はNHK Eテレ(旧教育テレビ)の新シリーズのレポーターとして来られたんです。
前回の記事はこちら

シリーズ  日本人は何を考えてきたのか
第三回 水と森の思想   

NHK Eテレ
放送日:2012年1月22日 夜10時(89分)

このうち半分が熊楠関連の予定です。

10 月24 日~ 10 月26 日までの間、主に和歌山南部の熊楠ゆかりの地を中心に撮影が行われました。
大山神社、野中の一方杉、那智などです。

吉川壽洋氏(南方熊楠記念館常務理事)、安田忠典氏(関西大学准教授・南方熊楠顕彰会常任理事)、土永知子氏(和歌山県立日高高等学校教諭・南方熊楠顕彰会学術部委員)、松居竜五氏(龍谷大学准教授)などが出演予定ですが、かなりの時間撮影されましたので、カットされる場面もあるかと思います。
リポーターは前回もお知らせしたとおり、西島秀俊さんです。

フジテレビの「僕とスターの99日」で、主役の並木航平役を演じられています。この日曜日(25日)が最終回となってしまいましたが、是非ご覧ください。

顕彰館の取材は10 月26 日に行われました。
内密にしていたため(家族にも話してません)、野次馬?もなくスムーズに撮影が行われました。
実は撮影開始はかなり遅れましたが、NHKさんは丁寧に撮影するので、時間が押すのは織り込み済みです。

もう一回写真貼り付けます。
b0138370_18163837.jpg
南方邸の母屋で
b0138370_18171226.jpg
顕彰館収蔵庫で
※前と同じ写真ですみません。
これしか事務所に許可とっていません。
しかも写真は放送日当日までの掲載となります。
横に並んでのツーショット写真もありますが、男前の横で写真を撮るものではないとつくづく思い知らされました。
※※掲載期限が過ぎましたので、削除しました。雰囲気だけでも味わってください。


西島さんは、以前から熊楠ファンで、かなり熊楠関連の本もご覧になっていたとのことです。
NHKさんが、それを知っていてキャスティングしたのか、たまたまそうだったのかは、聞いていませんが。。。
顕彰館での撮影日は、東京に帰る日でもあり、ゆっくりとお話をおうかがいする時間もありませんでしたが、撮影中の会話の中に「結構知っているな!」と思わせる発言がいくつもありました。

安田先生と私が10月20 日に陰陽の滝を調査したのもこの撮影のためです。
調査の結果、「連ドラの主役が陰陽の滝へ行ったら危ない」ということで落ち着いていたのですが、いざ那智に行ったところ、西島さんも乗り気で陰陽の滝にチャレンジしたそうです。残念ながら当日は水量が多く途中で断念したそうです。機材が濡れては話になりませんから。

西島さんは、「機会があれば顕彰館を再度訪れたい」とおっしゃっていましたが、今まで以上にご多忙になると思いますし、また、そうなっていただきたいと思いますので、実現はしないかも。

2012 年1 月22 日の午後10 時からNHKのEテレ(旧教育テレビ)で約90 分の放送です。
『シリーズ 日本人は何を考えてきたのか 第三回 水と森の思想』、ご期待下さい!!

今のNHKのホームページはできていないようです。
詳細が分かればまたお知らせします。



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2011-12-21 13:45 | お知らせ

<< 『南方熊楠大事典』 配架しました!      南方熊楠ゼミナール開催間近!! >>