鳥山 啓展 開催中!!  

第32回月例展 
「熊楠とゆかりの人びと 第15回 鳥山 啓」
を平成24年2月15日より3月18日まで開催しています。
詳細はこちら

詳細はホームページに譲って、ブログでは展示風景を紹介します。
b0138370_17173621.jpg
メイン展示
b0138370_17188100.jpg
直接の往復書簡は当館では所蔵していません。
b0138370_17181498.jpg
鳥山自筆の短冊や、鳥山について書いている日記、鳥山が訳したり、編集したりした本を展示しています。

今回、学習室を一部区切り、ミニ展示コーナーを設けました。
b0138370_17174730.jpg
鳥山自筆の田辺高等女学校校歌です。

なぜ、鳥山が作詞したのかはわかりませんが、彼の晩年の作品です。

田辺高女は田辺高校の前身の一つで、現在たなべるが建っているところにありました。
ここには熊楠の娘文枝大正13年から昭和4年まで通い、牧野富太郎と熊楠の仲介をした宇井縫蔵が明治43年から大正14年まで勤めていました。
牧野が大正13年に田辺に来た際には、高女に頻繁に通っています。
その高女ですが、昭和13年に現在の東陽中学校の場所に移転してしまいます。
熊楠はその移転に反対し、牟婁新聞(牟婁新報ではない)神上に反対意見を掲載したのですが、失敗におわったのです。

ついでに田辺の中等教育機関の沿革と当時の写真を、田辺高女中心にまとめています。


b0138370_17175050.jpg
こちらは鳥山啓ゆかりの地マップです。

学習室では、BGMとして、「軍艦」、「誠の根ざし(田辺高女校歌)」をエンドレスでかけています。





【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2012-02-16 18:05 | 展示・イベント | Comments(0)

<< 南方邸より春をお届けします      2011.11.6 >>