作家の寮美千子さんご来館  

6月に小学館から発売された絵本「エルトゥールル号の遭難 トルコと日本を結ぶ心の物語」の著者、寮美千子さんが、串本町長を訪問の翌日、顕彰館に立ち寄られました。

寮さんが、気になる3人がいるとのこと。
宮沢賢治、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)、そして南方熊楠だそうです。

顕彰会事業部員をお願いしているみ熊野ねっとのてつさんのご案内で、田辺を中心に近隣のゆかりの場所を訪ね、顕彰館・南方邸にも来られました。

b0138370_10471555.jpg
さっそくサインをいただきます。
b0138370_10471868.jpg
b0138370_10475968.jpg
収蔵庫で熊楠宛佐々木喜善書簡を調査中
b0138370_1048673.jpg
南方邸にて
この後、顕彰会事業部のメンバーと夕食会で盛り上がりました。

串本訪問時の紀伊民報記事
『エルトゥールル号の遭難』小学館ホームページ

【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2013-08-22 11:31 | 取材等

<< 自然とともに 小林陽光展 IN...      第9回 南方熊楠ゼミナール 京... >>