河東碧梧桐の句  

本日、愛媛からの団体のお客様があったため、「お・も・て・な・し」合掌。

熊楠の同級生、正岡子規の弟子である河東碧梧桐が明治44年に熊楠を訪ねたときの日記を紹介。

紀州田辺にて南方先生を訪ふ
全国巡遊途次  碧梧桐
木蓮が蘇鉄の側に咲く所

b0138370_11524450.jpg
左が熊楠の日記で、上記の部分は碧梧桐の自筆。

右はスウィングルが撮影した当時の南方邸(藤木邸)。
木蓮らしき木と蘇鉄が写っています。

あと、行幸記念団扇も収蔵庫ないに展示(観光庁事業のモニターツアーで棚から出していたため)しました。



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2013-11-10 12:01 | 顕彰会

<< 資料受贈記念 楠本龍仙リバイバル展      南方熊楠全集のある書斎 >>