だから行きたい、旅したい! 和歌山の本  

だから行きたい、旅したい!和歌山の本 (えるまがMOOK)

京阪神エルマガジン社


b0138370_16584017.jpg

facebookページで先に流しましたが、ブログでも紹介します。
ということは、もう一回facebookページとtwitterに流れます。

詳しいことは聞いていませんが、おそらく和歌山県のわかやまDCがらみの本です。

わかやまの「いいところ」がたくさん載ってますので、是非ご購入ください。

私たちのまち田辺はP40~43が中心。
南方熊楠顕彰館・南方熊楠邸はP43に載ってます。

田辺(旧田辺市)は、紀南(和歌山県では「南紀」ではなく「紀南」、「紀北」が標準です)の中心地で、熊野の入口。
人口8万にしては、駅前に飲み屋街が集中しています。

どこへ行ってもこの規模の都市で、これほど居酒屋や飲み屋が集中しているところは見たことがありません。
その数200軒以上!
道路に電灯が埋め込まれており、道が光るので、「味光路」。

味も道も光ってます。

昔は「親不孝通り」と呼ばれていたんですが。。。
今は健全、ぼったくりもなし。
初めての人でも安心して入れるような店ばかりです。

ゆえに(かどうかはしりませんが)、田辺は食事なしのビジネスホテルが多い。
しかもリーズナブル。

中辺路、本宮へ分け入る前に田辺で、一泊してはいかがですか?

あっ、昔は熊野三山をめぐって田辺に戻ると、無事にお参りを終えたお礼に餅をつき、神仏にお供えし、同行の人や宿の人にもふるまい、共にお餅を食べて喜びをわかちあったといわれていますので、帰りにお立ち寄りいただいても結構ですよ。



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-04-04 17:25 | 書籍

<< 南方熊楠の見た夢(勉誠出版)発売!      小学館『Domani』5月号 ... >>