センス・オブ・ワンダーへのまなざし  

センス・オブ・ワンダーへのまなざし: レイチェル・カーソンの感性

多田 満 / 東京大学出版会


b0138370_18533560.png
内容紹介
自然の神秘さや不思議さを感じとろう――「センス・オブ・ワンダー」という感性は,『沈黙の春』をはじめレイチェル・カーソンのすべての作品の根底に静かに流れている.カーソンの没後50年,「環境の世紀」といわれる現代によみがえる自然とともに生きるためのメッセージ.
【出版社ホームページ】

p155~158まで
熊楠について書かれています。

出版社ホームページはこちら






【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-04-15 18:55 | 書籍

<< あなたの知らない和歌山県の歴史      Tabi Tabi TOYO ... >>