『交響する東方の知』発売中!!  

知のユーラシア5 交響する東方の知: 漢文文化圏の輪郭

明治書院



知のユーラシア5  
交響する東方の知
漢文文化圏の輪郭

明治書院から発売中です。
ホームページはこちら

目次
総説  増尾伸一郎・松﨑哲之
渤海との交流と漢詩文  河野貴美子
三国仏法伝通史観の功罪 相互交流するアジア仏教の視点から  石井公成
旅する禅僧 中世日本の禅僧の生涯と活動  堀川貴司
キリシタンと浄土真宗  神田千里
『春秋』の思想と水戸の学問  松﨑哲之
琉球史書の特質と問題 東アジア国際関係を軸として  木村淳也
南方熊楠における西欧学知 「ロンドン抜書」と日本語著作  田村義也
形成期の日本民俗学とヨーロッパ J・G・フレイザー『金枝篇』とその周辺  増尾伸一郎
近代朝鮮社会と日本語 植民地期とその前後  三ツ井崇

田村さんはもちろんのこと、増尾先生も「形成期の日本民俗学とヨーロッパ J・G・フレイザー『金枝篇』とその周辺」の中で熊楠について書かれています。

p193-217 南方熊楠における西欧学知 「ロンドン抜書」と日本語著作  田村義也
p220-264 形成期の日本民俗学とヨーロッパ J・G・フレイザー『金枝篇』とその周辺  増尾伸一郎






【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-04-17 17:45 | 書籍 | Comments(0)

<< テレビ取材      あなたの知らない和歌山県の歴史 >>