異端者たちのイギリス 4/29発売予定  

異端者たちのイギリス

共和国



政治家からサッカー選手、軍人、旅行家、ビジネスパースン、そして海賊女王にいたるまで、「伝統」と「革新」、「正統」と「異端」が争い、なれあい、交錯し、分断しあってきたイギリス。その近現代史や社会を彩ってきたさまざまな人物群像を、30名以上におよぶ気鋭の研究者が、論考やコラムによって語り尽くす異色の論集。
「異端者たちの系譜」「娯楽のイギリス」「イギリスのなかの『異国』」「南方熊楠とイギリス」の4部構成で、世界に冠たるこの異端の国の全体に肉薄する。

◎目次

はじめに

第1部:異端者たちの系譜

信用と偽造  坂本優一郎
急進主義者の後半生  金澤周作
都市の共同墓地  久保洋一
ヴィクトリア朝後期の執事たち  薗田章恵
絶対平和主義と宥和政策  小関 隆
大戦・ファシズム・同性愛  林田敏子
イングランドにおける「低能児」  大谷 誠

第2部:娯楽のイギリス──スポーツと旅行

一七世紀のオリンピック  石井昌幸
一九世紀の風雲児、ジョージ・ベンティンク卿  鍵谷寛佑
フットボールとスコットランド  田中健太
プロ・フットボールのガバナンスとチャールズ・サトクリフの理念  藤井翔太
トマス・コリヤット  スガンディ・アイシュワリヤ
一九世紀の「盲目旅行家」ジェームズ・ホルマン  坂元正樹
ドクター・ウィリアム・キッチナー  妹島治彦
家具のジャポニスム  門田園子

第3部:イギリスのなかの「異国」

オルタナティブ・メディアとしての「海賊ラジオ」  加藤昌弘 
式典プロデューサーとしてのウォルター・スコット  以倉理恵
海賊女王の邂逅  川口美奈子
正統と異端を分けるもの  乃村靖子
あるアイルランド人の死  小林久美子
「キリスト教知識普及協会」の事務長になった「アメリカ人」  山本範子
異端者たちの社交場  森山貴仁
アメリカ海軍と日英同盟  布施将夫
ある帝国主義者の挑戦と苦悩  川村朋貴
初期南アフリカ共産党の人びと  堀内隆行
一九世紀ロンドンの路上におけるイタリア人のオルガン少年たち  貝原(橋本)信誉
マダン・ラール・ディングラによるウィリアム・カーゾン・ワイリー暗殺事件とその影響  バッテ・パッラヴィ
海軍技師仲野綱吉の洋行  中西須美

第4部:南方熊楠のイギリス

H・P・ブラヴァツキーと南方熊楠の宇宙図  橋爪博幸
「東洋の星座」再論  松居竜五
南方熊楠と『ネイチャー』誌における天文学  志村真幸
アカデミズムへの羨望  安田忠典


あとがき


詳細ははこちら






【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2016-04-27 13:24 | 書籍 | Comments(0)

<< 熊楠の星の時間      MINAKATA, Kumag... >>