講演会『南方熊楠と熊野の伝承世界』 開催!!  

 明日(8月9日)講演会『熊楠をもっと知ろう!』 シリーズ第4回 『南方熊楠と熊野の伝承世界』が午後1時30分より顕彰館で開かれます。講師は立教大学教授の小峯和明先生。

<講演趣旨>
 古来、死と再生の世界として知られる聖地熊野は、南方熊楠にとって自然観察の絶好のフィールドであり、またさまざまな伝説、伝承が息づく地でもあった。熊楠は折りにふれてそうした口頭伝承の数々を書き記し、独自の考証を展開している。熊野の伝承をめぐる熊楠の筆録や考証自体、今日ではすでにきわめて貴重な資料や証言となっており、そこには熊楠の土地に対する深い愛着や畏敬が感ぜられ、同時に一地域の問題に限定せず、グローバルな地球規模の視野から相対化しようとする指向もうかがえる。ここでは熊野の伝承世界を中心に熊楠の思考回路や想像力のあり方について検証し、あわせて熊野世界のもつ意義についても考えてみたい。
 
 皆様のお越しをお待ちいたしております。
 
 ということで昨日から続々と大学の先生方や研究者の方々が田辺入りしています。
 昨日はさまざまな調査。
 本日は資料セミナー、これから地産地消体験?に行くらしいです。
 明日は午前中南方熊楠記念館の見学、資料セミナー、午後から小峯先生の講演会、その後熊楠関西を田辺で行う予定。
 明後日は田村先生による特別企画展の展示説明会という具合になっています。

 また、並行して紀南文化会館で開催される、『青少年のための科学の祭典 
2008 おもしろ科学まつり・田辺大会』で『隠花植物を使ってラミネート標本を作ってみよう!』というブースが出展され、そちらの方にも協力しています。

 う~ん忙しい。

 イベント情報はホームページで!!



【くまきち】
[PR]

by kumagusu-m | 2008-08-08 18:55 | お知らせ | Comments(0)

<< 『隠花植物を使ってラミネート標...      特別展の説明会を実施 >>