カテゴリ:書籍( 88 )  

南方熊楠英文論考 「ノーツアンドクエリーズ」誌篇 12/15発売!!  

南方熊楠英文論考[ノーツ アンド クエリーズ]誌篇

南方 熊楠 / 集英社

12月15日
いよいよ『南方熊楠英文論考 「ノーツアンドクエリーズ」誌篇』が発売となります。
監修:飯倉照平  
訳:松居竜五、田村義也、 中西須美、志村真幸、南條竹則、前島志保

◎内容紹介(集英社 BOOKNAVIより)
ついに南方熊楠の英文論考の完訳なる! 三大論考「神跡考」「燕石考」「鷲石考」から新発見の未発表論考までを詳細な研究をふまえて刊行。既刊[ネイチャー]誌篇に続く、熊楠の英文論考の翻訳決定版。

■ISBNコード: 978-4-08-789001-3
■判型/総ページ数: A5判/896ページ
■定価: 12,000円(本体)+税

早いところはもう店頭に出ているかな?





【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-12-13 18:40 | 書籍

南方熊楠英文論考[ノーツ アンド クエリーズ]誌篇 12月15日発売  

南方熊楠英文論考[ノーツ アンド クエリーズ]誌篇が12月15日にいよいよ発売されます。
まだあまり情報は載っていませんが、集英社ホームページはこちら


【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-11-15 09:04 | 書籍

ちゃぐりん7月号 「歩く百科事典と呼ばれた南方熊楠」  

6月1日発行の『ちゃぐりん』7月号(一般社団法人家の光協会、児童向け)
いのちの歴史 第110回は「歩く百科事典と呼ばれた南方熊楠」です。
読み切りの漫画となっています。
b0138370_11383326.jpg
ちゃぐりんは家の光協会が発行する小学生向けの雑誌

一般社団法人家の光協会とは、農業・農村文化の向上を目指す、JAグループの出版・文化団体です。

ちゃぐりん
ちゃぐりん最新号

一般書店での取り扱いはありませんが、組合員以外でも地域内のJAを通して購入することはできるようです。





【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-05-31 11:44 | 書籍

『交響する東方の知』発売中!!  

知のユーラシア5 交響する東方の知: 漢文文化圏の輪郭

明治書院



知のユーラシア5  
交響する東方の知
漢文文化圏の輪郭

明治書院から発売中です。
ホームページはこちら

目次
総説  増尾伸一郎・松﨑哲之
渤海との交流と漢詩文  河野貴美子
三国仏法伝通史観の功罪 相互交流するアジア仏教の視点から  石井公成
旅する禅僧 中世日本の禅僧の生涯と活動  堀川貴司
キリシタンと浄土真宗  神田千里
『春秋』の思想と水戸の学問  松﨑哲之
琉球史書の特質と問題 東アジア国際関係を軸として  木村淳也
南方熊楠における西欧学知 「ロンドン抜書」と日本語著作  田村義也
形成期の日本民俗学とヨーロッパ J・G・フレイザー『金枝篇』とその周辺  増尾伸一郎
近代朝鮮社会と日本語 植民地期とその前後  三ツ井崇

田村さんはもちろんのこと、増尾先生も「形成期の日本民俗学とヨーロッパ J・G・フレイザー『金枝篇』とその周辺」の中で熊楠について書かれています。

p193-217 南方熊楠における西欧学知 「ロンドン抜書」と日本語著作  田村義也
p220-264 形成期の日本民俗学とヨーロッパ J・G・フレイザー『金枝篇』とその周辺  増尾伸一郎






【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-04-17 17:45 | 書籍

あなたの知らない和歌山県の歴史  

あなたの知らない和歌山県の歴史 (歴史新書)

洋泉社



表紙にも熊楠の絵が載っていますが、p160~161で熊楠を紹介しています。





【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-04-15 19:00 | 書籍

センス・オブ・ワンダーへのまなざし  

センス・オブ・ワンダーへのまなざし: レイチェル・カーソンの感性

多田 満 / 東京大学出版会


b0138370_18533560.png
内容紹介
自然の神秘さや不思議さを感じとろう――「センス・オブ・ワンダー」という感性は,『沈黙の春』をはじめレイチェル・カーソンのすべての作品の根底に静かに流れている.カーソンの没後50年,「環境の世紀」といわれる現代によみがえる自然とともに生きるためのメッセージ.
【出版社ホームページ】

p155~158まで
熊楠について書かれています。

出版社ホームページはこちら






【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-04-15 18:55 | 書籍

Tabi Tabi TOYO El mundo de Kumagusu Minakata  

b0138370_17125061.png

メキシコのフリー情報誌「Tabi Tabi TOYO」で、南方熊楠が紹介されました。
スペイン語圏で紹介されたのは初めてではないでしょうか?

雑誌「Tabi Tabi TOYO(旅たび東洋)」とは、
在メキシコ旅行代理店「ビアヘス東洋メヒカーノ」の出版社、東洋マーケティングが発行する月刊旅行誌。
主にメキシコ在住の皆様、旅行中の皆様にむけて、メキシコや周辺諸国の魅力を紹介すると共に、メキシコでの楽しいライフスタイルを提案する無料のメキシコ情報誌

とのことです。

対象は
メキシコでの朝日新聞・日本経済新聞への折込、日本国大使館、日墨会館、商工会議所、日本食レストラン、日本食料品店など日系各店、ホテルなど

ブログはこちら

ウェブ版はこちら

よくみりゃ、3月号。
本日、現物が届きましたので、遅ればせながら紹介しました。




【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-04-10 17:24 | 書籍

南方熊楠の見た夢(勉誠出版)発売!  

南方熊楠の見た夢

唐澤太輔 / 勉誠出版



b0138370_1652398.jpg

唐澤太輔(早稲田大学社会科学総合学術院助教)さんの本が発売されました。

「常識」に疑問符を投げつける「極端人」熊楠の思想を探る!
生と死、自己と他者、現実と夢、妄想と事実、正常と異常…。
日常の中の二項対立を越えて、熊楠が考え続けたものは何だったのか。
膨大に書かれ、残された記録の中から「夢」を巡る断片をつなぎ合わせ、いまなお驚きと斬新さを持ち続けるその哲学像を浮かび上がらせる。
勉誠出版ホームページより)




【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-04-09 16:54 | 書籍

だから行きたい、旅したい! 和歌山の本  

だから行きたい、旅したい!和歌山の本 (えるまがMOOK)

京阪神エルマガジン社


b0138370_16584017.jpg

facebookページで先に流しましたが、ブログでも紹介します。
ということは、もう一回facebookページとtwitterに流れます。

詳しいことは聞いていませんが、おそらく和歌山県のわかやまDCがらみの本です。

わかやまの「いいところ」がたくさん載ってますので、是非ご購入ください。

私たちのまち田辺はP40~43が中心。
南方熊楠顕彰館・南方熊楠邸はP43に載ってます。

田辺(旧田辺市)は、紀南(和歌山県では「南紀」ではなく「紀南」、「紀北」が標準です)の中心地で、熊野の入口。
人口8万にしては、駅前に飲み屋街が集中しています。

どこへ行ってもこの規模の都市で、これほど居酒屋や飲み屋が集中しているところは見たことがありません。
その数200軒以上!
道路に電灯が埋め込まれており、道が光るので、「味光路」。

味も道も光ってます。

昔は「親不孝通り」と呼ばれていたんですが。。。
今は健全、ぼったくりもなし。
初めての人でも安心して入れるような店ばかりです。

ゆえに(かどうかはしりませんが)、田辺は食事なしのビジネスホテルが多い。
しかもリーズナブル。

中辺路、本宮へ分け入る前に田辺で、一泊してはいかがですか?

あっ、昔は熊野三山をめぐって田辺に戻ると、無事にお参りを終えたお礼に餅をつき、神仏にお供えし、同行の人や宿の人にもふるまい、共にお餅を食べて喜びをわかちあったといわれていますので、帰りにお立ち寄りいただいても結構ですよ。



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-04-04 17:25 | 書籍

小学館『Domani』5月号 本日発売!!  

Domani (ドマーニ) 2014年 05月号 [雑誌]

小学館



p246-249
井浦新『隔月 新空館』で南方熊楠が取り上げられています。
取材の様子はこちら

ご興味のある方はお近くの書店でお買い求めください。
Domaniホームページ






【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-04-01 15:39 | 書籍