<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧  

南方を訪ねてin玉置山 参加者募集中  

南方を訪ねてin玉置山 参加者募集中です。詳しくはこちら

 さて、8月22日視察に行って参りました。玉置神社へのご挨拶と、注意ポイントの確認。
 なんといっても熊楠が道に迷い野宿したんですから。
 
b0138370_22374482.jpg
 玉置神社へは駐車場から鳥居をくぐりしばらく歩きます。
b0138370_22381525.jpg
 なんやら看板を読む視察団。 
b0138370_2239778.jpg
 玉置神社本殿
b0138370_22422290.jpg
 手前から若宮社、神武社、神輿殿
b0138370_22423692.jpg神代杉
 高さ28m
 樹齢3000年
b0138370_22425097.jpg鐘楼と社務所

 神仏習合の名残りで、神社となった現在でも梵鐘があります。もともとあったものは国の重要文化財に指定され、現在、十津川村郷土資料館に展示されていてます。
b0138370_22433976.jpg
 社務所

 実は建築物として重要なのは本殿よりこちら。社務所と台所は国の重要文化財。本殿は県の有形文化財。

 世界遺産としては玉置神社境内が遺跡・景観のカテゴリーで、社務所及び台所が記念工作物のカテゴリーで登録されています。
 また玉置山は吉野・大峯と熊野三山を結ぶ修験者の修行の道:大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)が通っています。もちろん世界遺産。
b0138370_22435111.jpg
 三柱神社
 こちらから山頂にいけます。

b0138370_2244390.jpg 大杉
 奈良県随一の太い杉で周囲が約11mあるそうです。
b0138370_22442298.jpg
 帰りは上り坂になるのでゆっくり帰りましょう。
b0138370_22443574.jpg
 汗をかいた後は川湯温泉で一休み。
 女性の方で露天風呂に入りたい方は水着を忘れずに!

 なぜなら。。。。。


b0138370_22444732.jpg
 前が川で、普通に人が泳いでます。

南方を訪ねてin玉置山
 熊楠ファンだけではなく、世界遺産に興味のある方も是非どうぞ!! 
 本宮は行けても玉置山へはなかなか行けませんよ。自家用車のない方は。 
 お申し込み方法はホームページを参照!!
[PR]

by kumagusu-m | 2008-08-25 00:24 | 展示・イベント | Comments(0)

夏休み特別講座  

8月17日

『熊楠も見た宇井縫蔵の標本』
―宇井縫蔵の標本観察とプラスチック包埋標本の作製―

が開催しました。

 先週、青少年のための科学の祭典 2008 おもしろ科学まつり・田辺大会があったためか、申込みは低調。
 
 なんせ、あちらは無料、こちらは500円。
 でも実はこの500円かなりお安い料金設定だったんです。

b0138370_11114264.jpg
 土永知子先生による標本の説明会

 宇井縫蔵の標本を中心に標本観察を行いました。
 宇井縫蔵は田辺小学校、岩田小学校、田辺高等女学校で教職にある傍ら、植物、魚類の蒐集研究に専念。宇井は熊楠の質問を牧野富太郎に斡旋するなど植物、魚類の方面での協力者でした。
 その宇井縫蔵の標本を田辺高等学校からお借りしました。

 今年の月例展でも宇井縫蔵を取り上げますので、こちらもご期待下さい。

b0138370_11121731.jpg プラスチック包埋(封入)標本の作製

 標本が浮いてこないように固定しています。

b0138370_11123647.jpg
 玉虫を持って来た参加者もいらっしゃいました。

b0138370_11122711.jpg
 標本の観察&スケッチ

 標本が固定するまで、宇井縫蔵の標本をスケッチしました。


b0138370_1112444.jpg カモノハシの標本

 カモノハシはオーストラリアにしか棲息せず、卵で産まれる珍しい哺乳類。生きたカモノハシを日本の動物園で飼育した事例はないらしい。

 とにかく貴重な標本です。私田辺高校出身ですが、こんな標本は見たことがありませんでした。

b0138370_1112532.jpg 固定した標本に樹脂を注入して終わりです。



【くまきち】
[PR]

by kumagusu-m | 2008-08-20 11:41 | 展示・イベント | Comments(0)

パンプキンの取材  

8月13日
 潮出版社の女性月刊誌「パンプキン」の取材を受けました。
 10月号(9月20日発売)に掲載されるそうです。

 盆で車が混んでいたのか、10時半到着の予定が結局2時半ぐらいになりました。
 そのあと秋津川の方に紀州備長炭の取材にいくとのことでした。



【くまきち】
[PR]

by kumagusu-m | 2008-08-15 15:55 | 取材等 | Comments(0)

特別企画展説明会  

8月10日
 第5回特別企画展の説明会を実施しました。
 4回するうちの1回目。今回はこの特別企画展を中心となって仕切っていただいた田村義也先生による説明会です。
b0138370_14463916.jpg
 くまきちも聞きました。いや~いろいろと勉強になりました。

 展示するにあたり、今回発行された南方熊楠・小畔四郎往復書簡(一)を読んだのですが、これがなかなか面白い。そして未だに新しい発見が続いています。新しい発見があること、「これが南方熊楠を研究する理由のひとつなのかも」とも思います。
b0138370_1447129.jpg
 今回の発見はこちら。
 これはエミューの卵なんですが、熊楠はとくにラベルとか貼っていなかったので、どういう由来のものかわからなかったんです。
 それが今回小畔四郎のご遺族から寄贈していただいた熊楠の書簡を読んでいくうちに、どうやら小畔四郎にわがままをいって熊楠がもらった(横取りした?)ものらしいということがわかってきました。もちろん、熊楠が卵に由来を書いていないので確定はできないのですが。。。。
 
 この卵も今回展示しています。南方熊楠・小畔四郎往復書簡(一)についてはホームページをご参照ください。


【くまきち】
[PR]

by kumagusu-m | 2008-08-15 15:26 | 展示・イベント | Comments(0)

南方熊楠と熊野の伝承世界  

8月9日
立教大学教授の小峯和明先生による講演会 
『熊楠をもっと知ろう!!』シリーズ第4回
『南方熊楠と熊野の伝承世界』が開催されました。
b0138370_18381946.jpg
 小峯教授
b0138370_18382697.jpg
 講演会風景

講演内容
1.熊野とは何か
2.熊野の文芸
3.熊楠のフィールドとしての熊野
4.熊楠と熊野の伝承世界

 熊楠といえば粘菌の研究者としてのイメージが先行していますが、決して粘菌だけではありません。高等植物の採集もしていますし、採集に行った先々で伝説、伝承を書き記しています。
 小峯先生は、熊楠が口頭で伝えられている伝説・伝承を書き記しているのは重要であるとのことでした。

 熊楠は伝説、伝承を「むかしの人間が多年事物を観察して、これなら理に合うておると合点し得た知識と思想を述べたもの」で、「昔人のこころになってその説話中の事物を観察すべし」と主張し、それが実用性、実利性のあるものだと考えていた。
 また、聖地は実体の空間、場、環境としてあるだけではなく、さまざまな有形、無形の伝承、伝説が堆積しており、神社合祀は、たんに自然環境の破壊だけではなく、バックにあるいろいろな歴史的、民間的伝承を破壊することであり、それに対しても熊楠は異を唱えているのだという説を展開されました。

 最後に、熊楠の伝説伝承の読み方は、文献と伝聞、体験との対比、類比をし、身近な世界と遠い世界をつないでいき、事物に貼りついた言説の束を読み解く際に知と学を総動員する。そして身近な問題を地球規模で見直し、広げていく。その上に熊楠の世界が作られていくのだと締めくくられました。


※くまきちがまとめたもので、実際に先生が伝えたかったことと若干の差があるかもしれません。
 講演内容につきましては、今後刊行される熊楠ワークスで紹介する予定です。



【くまきち】
[PR]

by kumagusu-m | 2008-08-13 19:33 | 展示・イベント | Comments(1)

『隠花植物を使ってラミネート標本を作ってみよう!』  

8月10日

 9日から開催されている『青少年のための科学の祭典2008 おもしろ科学まつり・田辺大会』に行きました。
 この中で、『隠花植物を使ってラミネート標本を作ってみよう!』というブースに協力しております。 そのお手伝いというわけです。
b0138370_19233927.jpg
 会場風景

 結構なにぎわいです。
b0138370_19233019.jpg
 『隠花植物を使ってラミネート標本を作ってみよう!』のブース

 過去の展示会のパネルを流用しています。一回使ったきりではもったいないでしょ。
 こちらも休む間もないほどのにぎわいでした。
b0138370_19234845.jpg
 隠花植物をラミネートに乗せ、植物の名前を記入します。
b0138370_19235691.jpg
 自分で作ったラミネートを顕微鏡で観察します。


 昨日(9日)は750名ほどの来場者があり、今日(10日)はもっと多そうだとのことでした。
 先生方2日間お疲れ様でした。



【くまきち】
[PR]

by kumagusu-m | 2008-08-13 19:32 | 展示・イベント | Comments(0)

講演会『南方熊楠と熊野の伝承世界』 開催!!  

 明日(8月9日)講演会『熊楠をもっと知ろう!』 シリーズ第4回 『南方熊楠と熊野の伝承世界』が午後1時30分より顕彰館で開かれます。講師は立教大学教授の小峯和明先生。

<講演趣旨>
 古来、死と再生の世界として知られる聖地熊野は、南方熊楠にとって自然観察の絶好のフィールドであり、またさまざまな伝説、伝承が息づく地でもあった。熊楠は折りにふれてそうした口頭伝承の数々を書き記し、独自の考証を展開している。熊野の伝承をめぐる熊楠の筆録や考証自体、今日ではすでにきわめて貴重な資料や証言となっており、そこには熊楠の土地に対する深い愛着や畏敬が感ぜられ、同時に一地域の問題に限定せず、グローバルな地球規模の視野から相対化しようとする指向もうかがえる。ここでは熊野の伝承世界を中心に熊楠の思考回路や想像力のあり方について検証し、あわせて熊野世界のもつ意義についても考えてみたい。
 
 皆様のお越しをお待ちいたしております。
 
 ということで昨日から続々と大学の先生方や研究者の方々が田辺入りしています。
 昨日はさまざまな調査。
 本日は資料セミナー、これから地産地消体験?に行くらしいです。
 明日は午前中南方熊楠記念館の見学、資料セミナー、午後から小峯先生の講演会、その後熊楠関西を田辺で行う予定。
 明後日は田村先生による特別企画展の展示説明会という具合になっています。

 また、並行して紀南文化会館で開催される、『青少年のための科学の祭典 
2008 おもしろ科学まつり・田辺大会』で『隠花植物を使ってラミネート標本を作ってみよう!』というブースが出展され、そちらの方にも協力しています。

 う~ん忙しい。

 イベント情報はホームページで!!



【くまきち】
[PR]

by kumagusu-m | 2008-08-08 18:55 | お知らせ | Comments(0)

特別展の説明会を実施  

 第5回特別企画展 『南方熊楠と小畔四郎 ~新規寄贈資料を中心に~』を開催中ですが、急遽展示説明会を実施します。
 開催日は8月10日、17日、31日、9月14日の計4回。
 なお、8月10日は今回の展示を中心となって仕切っていただいた田村義也先生の説明会です。
 なかなか、田辺で大学の先生のお話を聞くことはできませんが、南方熊楠顕彰館ではそれができるのです。是非ご来館ください。
b0138370_15543472.jpg
b0138370_15544497.jpg
 飾り付けもなんとか終わりました。
b0138370_15545243.jpg
 展示会場は前回の半分ですが、内容は盛りだくさん。コンパクトにまとまって関係者はご満悦。



【くまきち】
[PR]

by kumagusu-m | 2008-08-07 20:49 | 展示・イベント | Comments(0)

第5回特別企画展 南方熊楠と小畔四郎  

 昨日、8月1日から第5回特別企画展 『南方熊楠と小畔四郎 -新規寄贈資料を中心に-』が開幕しました。
b0138370_9393192.jpg

b0138370_9414890.jpg


 熊楠を語る上で忘れてはならない人物。それが小畔四郎です。昨年、小畔氏ご遺族から寄贈された新規寄贈資料を中心に、熊楠と小畔の交流をパネル、顕彰館所蔵資料の展示により解説しています。入場は無料!!(南方熊楠邸へ入るには観覧料が必要)

 その他イベントも盛りだくさん。夏休みは南方熊楠顕彰館へ!!

 ちょっとした事故で、飾り付けが十分ではありませんが、展示としては完成しています。 イベント情報はこちら

【くまきち】
[PR]

by kumagusu-m | 2008-08-02 09:52 | 展示・イベント | Comments(0)