<   2009年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧  

自然保護運動の先駆者 南方熊楠  

NHK総合テレビで

プロジェクトJAPAN 関連ミニ番組「世界と出会った日本人」
第15回 自然保護運動の先駆者 南方熊楠

が放送されます。お楽しみに!!

詳細はこちらNHKホームページ



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2009-07-20 17:24 | お知らせ

新発見!?  

新発見!?しました。

熊楠はいきている木にも粘菌が定着することを発見しましたが、くまちゃんは顕彰館において、3月に防腐処理したばかりの柱にも粘菌が定着することを発見しました!
b0138370_10545647.jpg
昨日の夕方、玄関入口の桧の格子で発見しました。
最初は蛾がとまっていると思ったんです。
b0138370_10551671.jpg
近づいてみると変形菌と違うの?
b0138370_10553025.jpg
昼に柿の木で見たのより大きいし、キレイ。
b0138370_10554138.jpg
こんなんありましたよね。
粘土で髪の毛を作るときに使った道具。うにゅ~とこんな感じででてきましたよね。
b0138370_10554871.jpg
柿の木にあったのと同じものなのでしょうか?
b0138370_10555491.jpg
ムラサキホコリ科のようなのですが、種名はなんでしょう?



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2009-07-19 11:04 | 顕彰館

アラマタ人物伝  

アラマタ人物伝

荒俣 宏 / 講談社

202~203ページで南方熊楠が紹介されています。

[PR]

by kumagusu-m | 2009-07-19 10:28 | 書籍

美術手帖 2009年 8月号  

美術手帖 2009年 08月号 [雑誌]

美術出版社

96ページで南方熊楠及び南方熊楠顕彰館が紹介されています。

[PR]

by kumagusu-m | 2009-07-19 10:01 | 書籍

粘菌(変形菌)発見!!  

柿の木で粘菌を発見しました!!
b0138370_17422113.jpgジャーン!

ムラサキホコリでございます。

上はキノコ。

b0138370_17422927.jpgアップでどうぞ。

b0138370_17423814.jpg柿の木は柿の木でも、ミナカテラを発見した柿の木ではなく、その手前の柿の木です。

b0138370_17424945.jpg
これも粘菌なんでしょうか?
杉の切り株にありました。



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2009-07-18 17:51 | 南方邸

7月上旬の花  

ながらくご無沙汰しました。
いや~忙しくて。

7月上旬の南方邸の様子をお知らせします。
b0138370_16441886.jpgまず梅の木にわけのわからない菌類が。。。。
直径5mmほど

b0138370_16443379.jpg
モッコク
【ツバキ科 モッコク属】 
b0138370_16444417.jpgモッコクのような庭木も、花がちゃんと咲いているんですね。当たり前の話ですが。
b0138370_16445668.jpgキキョウ
【桔梗 キキョウ科 キキョウ属】
b0138370_16452021.jpgギボウシ
【擬宝珠 ユリ科 ギボウシ属】
b0138370_16455468.jpgヒメヒオウギズイセン?

b0138370_16462566.jpgモモ
【バラ科 モモ属】
今日までに若干熟してきています。落ちたものを割ってみましたがまだまだ食すには早い模様。

b0138370_16464552.jpg
ミズヒキ
【水引 タデ科ミズヒキ属】
b0138370_1647239.jpgヤブカンゾウ
【ユリ科 ワスレグサ属】

b0138370_16471144.jpg
b0138370_16474837.jpg
この花は何の花でしょう?
b0138370_1648923.jpgちょっとひいてみました。
b0138370_16482161.jpg40cmぐらいで葉はこんな形です。


7月26日
判明しました。
ハゼランでした。
【スベリヒユ科 ハゼラン属】




【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2009-07-18 17:37 | 南方邸

坂口總一郎展  

本日和歌山大学図書館で開催されている『-和歌山が生んだ博物学者- 坂口總一郎展』に行って参りました。
坂口は大正9年、南方熊楠、小畔四郎、川島草堂、宇野確雄とともに高野山で植物採集を行った人物で、和歌山県立和歌山師範学校(現和歌山大学の前身のひとつ)を卒業し、海草中学校(現向陽高校)や沖縄県立第一中学校、和歌山県立師範学校などで教鞭をとりました。

略歴では
昭和4年 南方熊楠先生らとともに、お召し艦「長門」にて天皇にご進講・採集お手伝い
昭和9年 皇居で開催された皇太子(今上陛下)ご誕生祝賀会にご招待
昭和22年 昭和天皇御巡幸の際、紀州の生物についてご説明
昭和23年 皇太子殿下(今上陛下)に白浜にてご進講
昭和37年 天皇ご来県時にご挨拶、ご説明
となっています。

今回の目的は、第7回特別企画展『牧野富太郎と南方熊楠』展のための調査で、ご子息から南方や牧野と一緒に写っている写真があると聞いていたためです。

ありました、牧野富太郎からのハガキ、牧野と一緒に写った写真数点、熊楠との高野山植物採集時の写真数点。

熊楠との写真は1つだけ当館所蔵と別バージョンのものがありました。それは高野山大門前の写真。当館所蔵のモノは、左から川島、熊楠、小畔、宇野のバージョンですが、今回展示されていたのは、川島、熊楠、坂口、宇野のバージョンのものです。
すなわち前者は坂口が、後者は小畔がシャッターをきったということになります。

その他、昭和4年ご進講時の陛下の写真。串本で撮ったもののようです。
神島で熊楠がご進講をしたときは陛下の写真がありません。昭和4年といえば“現人神”なので、写真がないものだと思っていましたが、串本では写真がある。ちょっとショックでした。

b0138370_19573225.jpg
和歌山大学図書館
和大には初めていきました。国立だからなのか、山の上で土地がやすかったのかしりませんが、学部数の割に敷地が広い!
b0138370_19574350.jpg
坂口總一郎展

興味のある方はどうぞ。

といっても会期は明日、10日(金)までです。




【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2009-07-09 20:07 | 関連展示・イベント

ブログタイトルを変更しました  

サントリー地域文化賞受賞を機会にブログタイトルを「南方熊楠顕彰会のブログ」に変更しました。
もちろん“南方熊楠顕彰会”でひっかかるようにです。




【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2009-07-08 19:25 | お知らせ

南方熊楠邸、南方熊楠顕彰館は無事です  

昨夜からの大雨で田辺市の被害状況が報道されていますが、南方熊楠邸、南方熊楠顕彰館は何ごともなく無事ですのでご安心ください。

ちなみにスタッフの自宅も全員無事です。



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2009-07-07 12:28 | お知らせ

「牧野富太郎と南方熊楠」展の調査  

この夏の第7回特別企画展「牧野富太郎と南方熊楠」(仮題)の調査のためいろいろと行ってきました。
かなり厳しい行程でしたが、かなりの収穫がありました。

まずは高知市の牧野植物園。ここははずせません。
b0138370_16271542.jpg
蚊取り線香のような模様。実はひらがなの「の」。
「の」が巻いているので「まきの」。
この柄のTシャツなんかも売っていました。

展示館内の書斎では植物画を描く牧野の人形がありました。

うちも書斎で写生している熊楠の人形つくりたいなあ。
b0138370_16275312.jpg
展示館外観
b0138370_20184748.jpg
資料調査中

翌日高岡郡佐川町へ
高知市から車で西へ約1時間。
牧野富太郎や吉永虎馬が生まれたところです。
b0138370_1628784.jpg
佐川町総合文化センター内には牧野富太郎資料展示室があります。
牧野の遺品数百点を所蔵しています。
b0138370_16281562.jpg
牧野が残した植物の写真を調査しているところです。
和歌山県内(特に新宮市の浮島関連が多かった)の植物の写真や宇井縫蔵が送った植物の写真がありました。

b0138370_16282327.jpg牧野富太郎先生誕生之地の碑

b0138370_16283157.jpg牧野が少年時代によく行ったという金峯神社
生家跡の裏山にあります。



予定を1時間オーバーして一路倉敷市へ

倉敷市立自然史博物館は南方熊楠関連の標本を所蔵しています。
この事実を知ったのが今年に入ってから。
初めての調査になります。

牧野展には直接関係がありませんが、せっかく高知まで行ったのですから、調査にいかないともったいない!!
b0138370_16283972.jpg
こちらにあったのはなんと変形菌(粘菌)の標本。
どうやら坂口總一郎が熊楠からもらったのを、宇野確雄に送り、ご遺族が寄贈したようです。
坂口總一郎と宇野確雄はともに大正9年に熊楠とともに高野山に植物採集に行っています。
その際のメンバーは熊楠、川島草堂、小畔四郎、坂口總一郎、宇野確雄。小畔と坂口がカメラを持っており、撮られた写真は顕彰館に収蔵されています。中には宇野が坂口のカメラを借りて撮ったものもあります。当時2人は海草中学校(現向陽高校)の同僚だったようです。

田辺市はもちろん、イギリスで採集したものまでありました。

しまった!!  マクロレンズを車に置いてきた!
このレンズもマクロ機能があるので結構近くまで寄れるんですが。。。。。
b0138370_1628487.jpg
熊楠の変形菌標本。たばこの空箱に入れてあります。右はゴールデンバット、左はリリーです。

このほか小畔四郎が採集したという変形菌標本も所蔵していました。
b0138370_16285642.jpg
倉敷市立自然史博物館では7月11日(土)~10月12日(月)まで第18回特別展「岡山県の樹木図鑑」を開催。
詳細は倉敷市立自然史博物館のホームページでご確認下さい。

岡山県に分布する樹木480種類の標本を一堂に展示。その会場風景を一足お先に見せていただきました。
※熊楠の標本は通常、展示していません。


最後は神戸市の孫文記念館です。
垂水区の明石海峡大橋のたもとにあります。
あくまで明石海峡大橋で、明石市にかかっている橋ではありません。
こちらは以前から交流のある施設です。
b0138370_16293284.jpg
明石海峡大橋と孫文記念館。
b0138370_16292373.jpg
孫文記念館内展示室
b0138370_1629868.jpg
「孫文を支えた日本人」のコーナーで南方熊楠が紹介されています。

ロンドン時代、熊楠は孫文と交流があり、孫文からの書簡も顕彰館に10点ほど収蔵されています。
右は孫文が、ロンドンから帰った熊楠を、熊楠の実家(和歌山市)に訪ねたときの記念写真です。中央が孫文。左から2人目が熊楠です。

b0138370_16291633.jpg孫文の銅像

顕彰館の熊楠の銅像より大きい。


かなりの強行軍でしたが、得るものは多かったです。


8月1日から始まる第7回特別企画展「牧野富太郎と南方熊楠」ご期待下さい。



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2009-07-04 17:42 | 展示・イベント