<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧  

第25回月例展 杉村広太郎(楚人冠)  

今夕、やっと明日から始まる月例展の準備が整いました。

第25回月例展 熊楠とゆかりの人びと 第8回
杉村 広太郎(楚人冠)

b0138370_18392115.jpg


詳細はこちら

何か今年度は気色悪いほど、すべてが好転しているというか。。。。。

以前から決まっていたのです。この時期に杉村展をして3月から特別企画展で「南方熊楠と牟婁新報」をするということが。

そんな折、突然、三重県の御浜町の方から、「引作(阿田和)の大クス」の大枝の寄贈の話がありまして。

引作の大クスは、「大クスが危ない」という牟婁新報の記事を読んだ熊楠が、大クスを守るため、杉村と柳田に手紙を送っているのです。この2人はジャーナリスト、国の官僚という立場から、熊楠の要請に応えます。そして今まで守られてきたのです。それが、平成19年に、5本の大枝のうち1本が折れ、その一部が顕彰館に寄贈されたのです。

なんか不気味なほど、うまいこといっている感じがしません?

大クスの大枝は現在研磨中で、顕彰館にないのですが、樹皮を展示します。

楚人冠は和歌山市生まれで、熊楠と同じ雄小学校(現雄湊小学校)に通っていました。松下幸之助も通っていたようです。(すごい小学校ですね)
熊楠より5歳年下で、アメリカ遊学前からの知り合いでした。
東京朝日新聞社に入社し、記者部、記事審査部の設置、縮刷版の発行アサヒグラフの創刊にもかかわった人物です。
晩年は千葉県我孫子市に住み、そこで永眠しました。

千葉県我孫子市では、現在、杉村楚人冠邸を買い取り整備しており、23年度から一般公開するようです。今回の月例展は小規模なものですが、杉村邸が公開されれば、大規模な特別企画展を計画したいと考えています。






【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2010-01-22 19:17 | 展示・イベント

レッド・リン -紅い梅と蒼い梅-  

レッド・リン 1 (Be・Loveコミックス)

中村 真理子 / 講談社


BE・LOVE(講談社 毎月1日・15日発売)掲載中の『レッド・リン -紅い梅と蒼い梅-』が単行本として発売になりました。
田辺市の隣、みなべ町が舞台の漫画。熊楠も霊(?)として登場します。


内容は講談社BOOK倶楽部をご参照ください。
中村真理子さんは和歌山市出身です。




【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2010-01-14 12:28 | 書籍

新春の南方邸  

あけましておめでとうございます。

ここ数日寒いですね。
今日は時折、雪が舞っています。

南方邸では土蔵の横のサザンカが満開です。
b0138370_1542551.jpg
b0138370_15421676.jpg
門の横の白いサザンカは11月に咲きましたが、こちらの赤いのは冬に咲きます。
b0138370_154349.jpg
備前梅が咲き始めました。
b0138370_1542363.jpg
南高梅より一足早く咲き始めています。
まだ、1~2分咲きといったところです。
b0138370_15424740.jpg



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2010-01-07 15:53 | 南方邸

痛快無比! ニッポン超人図鑑  

痛快無比! ニッポンの超人図鑑 (新人物文庫)

前坂 俊之 / 新人物往来社

 明治から平成にいたる140年の歴史の中で、時代を大きくチェンジした超人、奇人たち80人のエピソードを掲載。表紙は南方熊楠『林中裸像』、熊楠の紹介もトップに掲載されています(P18-21)。

[PR]

by kumagusu-m | 2010-01-07 13:42 | 書籍

あけましておめでとうございます  

b0138370_13242763.jpg

南方熊楠顕彰館は本日から開館しています。
[PR]

by kumagusu-m | 2010-01-05 13:26 | その他