<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧  

ムラサキホコリとツノホコリ  

梅雨の晴れ間に青空が広がっています。
今日は旧暦では5月24日。
まさしく「五月晴れ」ですね。

旧暦の5月は、梅雨の時期に当たり、雨がちで、“梅雨の時期には珍しい”、晴れた日を昔の人は「五月晴れ」といいました。珍しいから、この言葉ができたのです。

晴れた日が珍しくもない新暦の5月に使うのは誤りですが、あまりにも誤った用法が多いため、誤った用法が認知されて来ています。
もっと日本語を大事にしたいですね。

まあ、それはさておき、五月晴れの本日粘菌が子実体になっています。
昨日の様子とあわせて紹介します。
b0138370_954832.jpg
子実体になるまでは何かわかりません。
b0138370_9553970.jpg
おお、ナメクジにやられてしまった。
ほとんどが、ナメクジの被害に遭ってしまいました。
b0138370_95611.jpg
ムラサキホコリ科のようですが種名まではわかりません。
b0138370_9561480.jpg
カキの木に。
これも何か分からなかったのですが。。。。。
b0138370_9563770.jpg
オオムラサキホコリでした。
b0138370_9565357.jpg
書斎前のベンチに白いものが付着していました。
b0138370_957468.jpg
よくみるとツノホコリでした。

ツノホコリは南方熊楠邸で初めて見ました。

【くまちゃん】

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 田辺情報へ
にほんブログ村
[PR]

by kumagusu-m | 2011-06-25 10:05 | 素人の隠花植物の部屋

開催中の広畠父子展の展示風景  

7月10日まで開催中の広畠父子展の展示風景を紹介します。

正式には
第30回 月例展開催
熊楠とゆかりの人びと 第13回 広畠父子
-岩吉(油岩)と幾太郎(鋤和)-
というながったらしい名前になっています。

広畠岩吉(本当は「廣畠」)ですが、熊楠に油岩(ゆういわ)と呼ばれていました。これは屋号で、最初は廣畠家の人を指していたりもするのですが、後に岩吉個人を指すようになります。
岩吉のことを、熊楠は「二本足を持つ百科全書ともいうべき人」と評しています。

熊楠自身も「歩く百科事典」と呼ばれていますので、熊楠をしてそう言わしめた岩吉の知識はたいそうなものだったのでしょう。

雑賀貞次郎に熊楠が語ったところによると、紀州俗伝ほか、田辺や熊野地方の民俗伝承のほとんどが、岩吉から聞いたものだということです。

そして、岩吉の長男が幾太郎です。絵がうまく、 熊楠の要望に応え、絵を描いています。
華道では広円流を起こし、(岩吉は未生流ですが、幾太郎が敬意を払い岩吉を広円流の初代家元としています)いけばなの発展に尽力しました。

b0138370_14101534.jpg
b0138370_14105979.jpg
b0138370_1411745.jpg
b0138370_14103657.jpg

b0138370_1415069.jpg
展示物が多いので久々に収蔵庫にも展示

収蔵庫内の展示物は展示替えします。
b0138370_14151132.jpg
b0138370_1495352.jpg
広円流三世家元 廣畠良香氏によるいけばなも展示しています。
b0138370_14114898.jpg



【くまちゃん】

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 田辺情報へ
にほんブログ村
[PR]

by kumagusu-m | 2011-06-18 15:18 | 展示・イベント

今年初!! 南方邸で変形菌発見  

南方熊楠邸で今年初めて変形菌を発見しました。

ずーっと雨で、今日は天気予報で晴れなので、絶対に出てくるという確信はありました。
b0138370_10264426.jpg
昨年から置いているシイタケのホダ木に出現
b0138370_1027317.jpg
イクビマメホコリのようです。
b0138370_1035187.jpg
南方熊楠邸で私が来てから発見しているのは、ムラサキホコリとススホコリだけ。イクビマメホコリは初めてです。
今はまだ未熟で、これからだんだん成熟し茶色くなっていきます。


ここで一句

五月晴れ
木からしみ出る
マメホコリ

なんのヒネリもありませんね。

※梅雨の雨が五月雨(さみだれ)で梅雨の晴れ間が五月晴れ(さつきばれ)です。
今はちょうど旧暦の五月。



【くまちゃん】

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 田辺情報へ
にほんブログ村
[PR]

by kumagusu-m | 2011-06-09 10:59 | 南方邸

昨年度事業  

昨年度は、非常に忙しく、実施事業をほとんど紹介できていません。
遅ればせながら、徐々に紹介していこうと思います。


【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2011-06-05 10:41 | お知らせ

小畔 小樽勤務付近の経歴  

小畔の経歴について
当館資料では
大正10年1月 日 日本郵船本社遠洋課兼務大連出張所長
大正11年1月 日 帰朝
大正11年3月31日 日本郵船依願退職 近海郵船創立事務
大正11年4月 1日 近海郵船小樽支店長兼函館支店長
大正12年11月 近海郵船営業部長、内国通運常務取締役

となっています。


手紙からすると、赤字の部分、大正11年は12年の誤りですね。
日本郵船小樽支店長は記されておりません。 
確かな筋から入手した資料なんですけど。。。。

記憶に頼った履歴書と手紙では手紙の方が信憑性があります。



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2011-06-03 10:57 | ゆかりの地