<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧  

シリーズ「日本人は何を考えてきたのか」  

来年1月8日から始まるEテレ(NHK教育)特集 シリーズ「日本人は何を考えてきたのか」の報道資料はここにあります。

明治編 文明の扉を開く
第1回 日本はどこへゆくのか ~福沢諭吉と中江兆民~ 1/8
第2回 自由民権 東北で始まる 1/15
第3回 森と水と共に生きる ~田中正造と南方熊楠~ 1/22 
※取材時のブログはこちら。若干題が変わってます。
第4回 非戦と平等を求めて ~幸徳秋水と堺俊彦~ 1/29

大正編 「一等国」日本の岐路 7月
第5回 東と西をつなぐ ~内村鑑三・新渡戸稲造~
第6回 大正デモクラシーと中国・朝鮮 ~吉野作造・石橋湛山~
第7回 貧困に取り組む ~河上肇と経済学者たち~
第8回 常民の日本を探る ~柳田民俗学とその後継者~

昭和篇 戦争の時代を生きる 2013年1月
第9回 ひろがる民衆宗教 ~出口なお、王仁三郎と大本教事件~
第10回 昭和維新の指導者たち ~北一輝・大川周明と2.26事件~
第11回 京都学派の哲学者と戦争 ~西田幾太郎から三木清まで~
第12回 女性解放運動はこうして始まった ~平塚らいてうから市川房枝へ~

なかなか興味深いラインナップです。
さて、この中で当館に関係ありそうなので、第4回と第8かいでしょうか?

田辺にはかつて『牟婁新報』という新聞がありましたが、この新聞は熊楠の神社合祀の反対運動の記事やその他の記事が載っているからというだけではなく、記者あるいは寄稿者として明治期の著名な社会主義者が関与していたことから、明治期の社会主義運動史のなかでも注目されています。
主幹・主筆は毛利清雅(柴庵)。
毛利は人員不足から東京の知友を頼り、二人の社会主義者を記者として迎えました。堺利彦の紹介で小田野声(頼造)、高島米峰の紹介で豊田狐寒(義三)がそうです。
毛利が社を辞め、東京に遊学すると二人は田辺をさるのですが、翌年複社した毛利は再び堺に記者の紹介を依頼します。そしてやってきたのが荒畑寒村と(勝三)と、管野幽月(スガ)です。荒畑と管野はのちに結婚しますが、荒畑が赤旗事件で服役中、管野は幸徳秋水と同棲します。1910年管野は幸徳秋水らとともに大逆事件で検挙され翌年死刑に処せられます。

柳田国男はいうまでもなく、熊楠にゆかりの深い人物です。

熊楠から「欧米各国みなフォークロア・ソサエティーあり、わが国にも設立ありたきものなり」と呼びかけ、柳田がそれに応えて、草創期の日本民俗学は大きな一歩を踏み出しました。(宇野脩平は、日本民俗学にとって熊楠が父、国男が母であると言っている。)

のちにケンカ別れする二人ですが、熊楠の没後、口をきわめて熊楠を賞賛し、最初の全集の計画を推進したのは柳田国男であした。
熊楠を差して柳田国男は「日本人の可能性の極致」と言ったとよく言われますが、柳田は実際にはこう書いています。
「非凡超凡という言葉を、このごろの人はやたらに使いたがるが、何かちっとばかりはた者と変っているという程度の偉人ならば、むしろ今日はありふれている時代といってもよい。現に私なんかの仲間では、骨を折って最も凡庸なるものを、見つけ出そうとしている。ところがわが南方先生ばかりは、どこの隅を尋ねてみても、これだけが世間なみというものが、ちょっと捜し出せそうにもないのである。七十何年の一生のほとんど全部が、普通の人のなし得ないことのみをもって構成せられている。私などはこれを日本人の可能性の極限かとも思い、また時としてはさらにそれよりもなお一つ向うかと思うことさえある。」(『近代日本の教養人』(辰野隆編)内の「南方熊楠」 柳田国男著)

柳田は熊楠と知り合った当時国の官僚であり、熊楠の神社合祀反対運動にも協力しました。
柳田がいなければ熊野の社叢はもっと破壊されていたでしょう。

顕彰館には柳田から熊楠に宛てた書簡が約80通保管されています。
ほとんどが『柳田国男南方熊楠 往復書簡集』(平凡社)に収録されていますが、収録されていないものもあるんですよね、実は。



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2011-12-23 15:23 | お知らせ | Comments(0)

『南方熊楠大事典』 配架しました!  

南方熊楠大事典

松居竜五・田村義也 編 / 勉誠出版



『南方熊楠大事典』
1月12日発売予定となっていましたが、最新の情報では1月16日になったようです。

しかしながら。。。。

ジャーン!!
b0138370_1723086.jpg
顕彰館には届いていたりするのです。

これまでは、講談社現代新書の『南方熊楠を知る事典』が、スタンダードでしたが、今後はこの『南方熊楠大事典』がスタンダードになるでしょう。

最新の研究成果が反映されています。


明日から顕彰館で閲覧可能です。

※顕彰館は12/26から1/4まで休館となります。


【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2011-12-22 17:18 | 書籍 | Comments(2)

1/22 Eテレ シリーズ「日本人は何を考えてきたのか」放送!! レポーター西島秀俊さん  

ようやく本日解禁となりましたので、お知らせします。

西島秀俊さんが来館したと先に書きましたが、実はNHK Eテレ(旧教育テレビ)の新シリーズのレポーターとして来られたんです。
前回の記事はこちら

シリーズ  日本人は何を考えてきたのか
第三回 水と森の思想   

NHK Eテレ
放送日:2012年1月22日 夜10時(89分)

このうち半分が熊楠関連の予定です。

10 月24 日~ 10 月26 日までの間、主に和歌山南部の熊楠ゆかりの地を中心に撮影が行われました。
大山神社、野中の一方杉、那智などです。

吉川壽洋氏(南方熊楠記念館常務理事)、安田忠典氏(関西大学准教授・南方熊楠顕彰会常任理事)、土永知子氏(和歌山県立日高高等学校教諭・南方熊楠顕彰会学術部委員)、松居竜五氏(龍谷大学准教授)などが出演予定ですが、かなりの時間撮影されましたので、カットされる場面もあるかと思います。
リポーターは前回もお知らせしたとおり、西島秀俊さんです。

フジテレビの「僕とスターの99日」で、主役の並木航平役を演じられています。この日曜日(25日)が最終回となってしまいましたが、是非ご覧ください。

顕彰館の取材は10 月26 日に行われました。
内密にしていたため(家族にも話してません)、野次馬?もなくスムーズに撮影が行われました。
実は撮影開始はかなり遅れましたが、NHKさんは丁寧に撮影するので、時間が押すのは織り込み済みです。

もう一回写真貼り付けます。
b0138370_18163837.jpg
南方邸の母屋で
b0138370_18171226.jpg
顕彰館収蔵庫で
※前と同じ写真ですみません。
これしか事務所に許可とっていません。
しかも写真は放送日当日までの掲載となります。
横に並んでのツーショット写真もありますが、男前の横で写真を撮るものではないとつくづく思い知らされました。
※※掲載期限が過ぎましたので、削除しました。雰囲気だけでも味わってください。


西島さんは、以前から熊楠ファンで、かなり熊楠関連の本もご覧になっていたとのことです。
NHKさんが、それを知っていてキャスティングしたのか、たまたまそうだったのかは、聞いていませんが。。。
顕彰館での撮影日は、東京に帰る日でもあり、ゆっくりとお話をおうかがいする時間もありませんでしたが、撮影中の会話の中に「結構知っているな!」と思わせる発言がいくつもありました。

安田先生と私が10月20 日に陰陽の滝を調査したのもこの撮影のためです。
調査の結果、「連ドラの主役が陰陽の滝へ行ったら危ない」ということで落ち着いていたのですが、いざ那智に行ったところ、西島さんも乗り気で陰陽の滝にチャレンジしたそうです。残念ながら当日は水量が多く途中で断念したそうです。機材が濡れては話になりませんから。

西島さんは、「機会があれば顕彰館を再度訪れたい」とおっしゃっていましたが、今まで以上にご多忙になると思いますし、また、そうなっていただきたいと思いますので、実現はしないかも。

2012 年1 月22 日の午後10 時からNHKのEテレ(旧教育テレビ)で約90 分の放送です。
『シリーズ 日本人は何を考えてきたのか 第三回 水と森の思想』、ご期待下さい!!

今のNHKのホームページはできていないようです。
詳細が分かればまたお知らせします。



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2011-12-21 13:45 | お知らせ | Comments(0)

南方熊楠ゼミナール開催間近!!  

いろいろとゼミナールの宣伝はしているのですが、ブログでまだ紹介していなかったようです。


12月10日(土)
第8回南方熊楠ゼミナールを開催いたします。

南方熊楠ゼミナールは2年に1回開かれ、熊楠研究の最新の成果と熊楠の残した業績や実像を広く発信しています。財団法人南方熊楠記念館(白浜)と南方熊楠顕彰会で組織する南方熊楠ゼミナール実行委員会で運営しています。
1~4回は田辺、5回白浜、6回東京、7回和歌山市で開催され、熊楠翁没後70周年、南方熊楠顕彰館開館5周年にあたる今回は、粘菌の研究でイグ・ノーベル賞を2度受賞した、はこだて未来大学教授の中垣俊之先生を基調講演講師に迎え、久し振りに地元田辺で開催されます。

詳細はこちら
中垣先生はこちら

現在のところ、県外からの申し込みが多いのですが、地元での反応が今一つです。
南方熊楠賞でも同じなのですが、当日申込が多いいんですよね。
のんびりしているというか、なんというか。

参加費は当日で結構ですので、なるべく、事前にお申し込みお願いします。





【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2011-12-06 16:49 | 展示・イベント | Comments(1)