<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧  

龍谷大学見学  

京都出張で松居先生と打ち合わせ後、龍谷大学大宮学舎を案内していただきました。
龍谷大学の大宮学舎には、
本館(附:石造正門、渡廊下)
北黌
南黌
守衛所
の重要文化財があります。
b0138370_2226131.jpg
正門と本館
b0138370_22263065.jpg
南黌
b0138370_2227047.jpg
北黌
b0138370_2227246.jpg
本館学長室
熊楠との関係でいえば、交流のあった妻木直良が卒業し、教鞭もとっていました。


何をしに京都へ行ったかって?
それはまだ秘密




【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2013-05-27 22:35 | 見学

栂尾山高山寺  

栂尾山高山寺に行ってきました。
ここは、後に高野山真言宗管長となった土宜法龍が住持を務めたことがあります。

土宜法龍は、熊楠がいわゆる「南方マンダラ」を書いた相手で、高山寺には多数の国宝と共に、土宜法龍宛南方熊楠書簡が保管されています。
b0138370_22245097.jpg
国宝の石水院
b0138370_22253880.jpg
b0138370_22264856.jpg
明恵上人の墓
高山寺の創建は奈良時代に遡るともいわれ、その後、神護寺の別院であったのが、建永元年(1206)明恵上人が後鳥羽上皇よりその寺域を賜り、名を高山寺として再興した。
その明恵上人は和歌山の有田川町出身とのことです。


高山寺蔵 南方熊楠書翰
土宜法龍宛 1893-1922



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2013-05-26 23:05 | ゆかりの地

5月 連続休館のお知らせ  

ホームページでもお知らせしていますが、明日5月23日から28日まで連続休館となります。



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2013-05-22 14:26 | お知らせ

センダンが満開!!  

今日は熊楠146回目の誕生日。
熊楠が愛したセンダンの花も満開です。
b0138370_17335096.jpg



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2013-05-18 17:34 | 南方邸

熊楠生誕記念特別公開  

明日5月18日は熊楠146回目の誕生日です。
南方熊楠顕彰館では、南方熊楠生誕記念特別公開を実施します。
①南方邸観覧料無料(来館者全員)
②オリジナルグッズプレゼント(先着30名様)

熊楠が愛したセンダンの花も咲き始めました。
みなさまのお越しをお待ちしております。


【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2013-05-17 18:38 | 展示・イベント

南方熊楠関連講演会(成城大学)のお知らせ  

民俗学研究所創設40周年記念公開講演会
柳田国男と同時代の学者達
「柳田国男と南方熊楠」 田村義也氏(南方熊楠顕彰会学術部長)
「柳田国男と渋沢敬三」 岩井宏實氏(国立民俗学博物館名誉館長)
日時:平成25年5月25日 午後2:00~4:30
会場:成城大学3号館2階322番教室

b0138370_1347999.jpg
※民俗学研究所ポスター

◎お問い合わせ先
成城大学民俗学研究所
TEL 03-3482-9098

ホームページはこちら
[PR]

by kumagusu-m | 2013-05-09 13:54 | 関連展示・イベント

梅の木にカイガラムシ発生!!  

この忙しい時期に、梅の木にカイガラムシが発生しました。
ウメの実の生育具合を見ていたら、なにやら丸いものが枝にびっしりとついています。

おや、クロコブタケかな?

触ってみます。
かたければ菌類、胞子が飛べば変形菌です。
プチッとつぶれて液体が。。。。。。

虫やんけ!!

b0138370_19291967.jpg

b0138370_19313566.jpg
インターネットで調べるとタマアカカイガラムシという、ウメ、アンズ、スモモ、リンゴ、サクラなどバラ科植物につく虫のようです。
放っておくと梅の木自体を枯らす恐れがあるようです。

梅振興室に駆除方法を確認しましたが、「一本だったらそぎ落とせ!」とのこと。
ただいまそぎ落としています。丸一日かかって2/3終了。


【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2013-05-02 19:40 | 南方邸

小学館 『和樂』 2013年6月号 熊野古道 祈りの道を歩く  

和樂 2013年 06月号 [雑誌]

小学館



小学館 『和樂』2013年6月号(発売中)

彬子女王殿下が贈る「日本美のこころ」第28回
熊野古道 祈りの道を歩く

みなさんには内緒にしていましたが、2013年3月10日~12日にかけて、彬子女王殿下が取材で熊野に来られていました。
顕彰館には3月10日、11時20分~13:15分まで、お食事時間(30分)も含め、約2時間滞在されました。
熊楠に非常に興味を持たれているようで、南方邸や収蔵庫を熱心にご覧くださいました。

昨年11月にも高円宮妃殿下がご来館になったところなので、4ヶ月後に再度皇族がお越しになられるという、地方では非常に珍しいケース。
高円宮妃殿下は公式行事、彬子女王殿下は非公式なので、職場でも限られた人しか知りませんでした。
今回、その際の紀行文が掲載された、小学館 『和樂』6月号が発売になりました。

当初の予定ですと、
10日は顕彰館、滝尻王子、継桜王子、熊野本宮大社、川湯で宿泊
11日は熊野本宮館、発心門王子~熊野本宮大社(ウォーク)、熊野速玉大社、勝浦で宿泊
12日は熊野那智大社~那智の滝
というルートでしたが、顕彰館の後は予定通り進んだかどうかは存じ上げておりません。

さて、彬子女王殿下の文、「自然を畏れ、敬う心」ですが、私ごときが書評をすべきではありませんので、ご興味のある方は是非ご購入ください。
ありがたいことに、出だしが「熊楠」です。


【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2013-05-01 18:30 | 書籍