<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧  

手紙 -筆先にこめた想い-  

b0138370_15162250.jpg
b0138370_15163887.jpg


天理図書館 開館84周年記念展
「手紙-筆先にこめた想い-」
で日野国明宛南方熊楠書簡が展示されます。

◯展示概要
開館八十四周年を記念して「手紙-筆先にこめた想い-」展を開催致します。 今回の展覧会は、数多ある所蔵品の中から内容の楽しめるもの、皆様のご関心に応えられるもの二十九点を精選し展示に供します。手紙は、これまでの開館記念展でも各テーマにそったものを出陳してきたことはございますが、この度は、いままでに出展したものも含みながら、中心テーマに据えた新たな試みです。 執筆年代の範囲は、鎌倉期から昭和期まで大きくひろげ、差出人も天皇、貴族、武家あるいは学者文人、作家ら、多彩な顔ぶれを心がけました。 手紙には、送り手の相手への想いがこめられています。想いとは、相手を思いやる心と書きます。それぞれの手紙にはどのような想いがこめられ、綴られたのでしょう。皆様にとって一通でもご興味を引くものがあればと願うばかりです。また、書かれた内容に表れた筆者の人となりにも触れていただき、さらには各様 の手跡や書風も合わせてご清覧いただく機会となれば幸いに存じます。

◯会期:10月19日(日)~11月9日(日)
9:00~15:30

◯会場:天理図書館 展示室
会期中無休・入場無料


※日野国明(ひの・くにあき)
慶応元年(1865)伊予松山で藩士の家に生まれる。18歳のとき大阪に出、独学で弁護士になり同市で開業。明治30年頃政界に入り大阪市会議員、明治末期には衆議院議員となる。大正2年南方の依頼を受けて日高大山神社の合祀取消運動に協力する。太平洋戦争中京都府加茂町に疎開して以後同地に住み、昭和32年92歳で死去。


詳細は天理大学のホームページ




【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-09-25 16:56 | 関連展示・イベント | Comments(0)

明日から29日(月)まで休館です  

毎年のことですが、明日9月26日(金)から29日(月)まで休館となります。
開館は9月30日(火)からです。




【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-09-25 14:46 | お知らせ | Comments(0)

大高庄右衛門  

今いろいろと調べているのですが、熊楠が1900年にロンドンから神戸に帰る際、大高庄左衛門という人物と一緒になり、頻繁に日記に登場します。八坂書房の『南方熊楠日記』では2巻169,171-5,177という具合です。
また、3巻201頁には大高助右衛門という人物名が出てきます。1908年8月16日です。
しかも、続けてこんな記述があります。
「午後加藤達次郎一寸来る。夜又来る。話に、前年英国より帰る船中予と同船なりし大高助右衛門氏、加藤氏等の監督なりと。にて煉瓦作る会社也。」

へっ?船で一緒だったのは「庄左衛門」じゃないの?

庄左衛門、助右衛門のどちらが正しいのか調べると、コトバンクに似た名前で「大高庄右衛門」を見つけました。

大高庄右衛門 おおたか-しょうえもん
1865-1921 明治-大正時代の技術者。
慶応元年5月4日生まれ。明治19年内閣臨時建築局からドイツに派遣され,煉瓦(れんが)製造をまなぶ。帰国後化粧煉瓦やガス輪環窯を創始した。大正10年5月30日死去。57歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。

とあります。
熊楠日記2巻175頁。1900年10月14日の条には「大高氏独逸より将来の秘品をボーイ等に示す。」とあります。

おいおい、庄右衛門はドイツ帰りで、しかも煉瓦の製造習ってるやん。
ということで、大高庄右衛門をもう少し調べると、

「明治18年に硫酸瓶製造会社が煉瓦製造に着手し、明治21年に大阪窯業株式会社が設立されました。明治29年に堺分工場が造られ、この周辺の広大な敷地では、ドイツ留学後の大高庄右衛門らの指導によってホフマン式輪窯にて大量の煉瓦が製造されました。」

との記述を見つけました。こちら

「堺」が出てきましたね。

堺市のホームページ「大浜公園とその周辺の見どころ」を見ると、

7.大阪窯業煉瓦工場之跡の碑
大浜公園の東南に隣接する広大な敷地に、明治21年(1888年)に設立された大阪窯業株式会社の堺分工場が明治29年(1896年)に建設され、近代の土木・建築構造物がコンクリートに取って代わるまで、ドイツのホフマン式輪窯にて大量の煉瓦が製造されていました。
その工場跡地にあった記念碑を隣接する大浜公園内に移設したものです。

とあります。堺に分工場があったのは間違いないようです。
また、神戸大学附属図書館のデジタルアーカイブで、大阪新報の記事が読めるのですが、1918.1.4-1918.1.5(大正7)の新聞記事に

「窯業の現在と将来 (上・下)」大阪窯業会社常務取締役 大高庄右衛門氏談

とあり、大正7年には大高は大阪窯業会社の常務取締役だったようです。

ということで、
熊楠が倫敦からの帰りの船で交流したのは、庄左衛門でも助右衛門でもなく、。「庄左」と「助右」を足して2で割った「庄右衛門」にまず間違いないと思うのですが、いかがでしょう?
大高庄右衛門の経歴を確認できたらいいのですが。。。。

そんなこんなで、なかなかはかどりません。
岩崎先生、もうちょっと待ってくださいね!




【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-09-07 17:17 | 人名録 | Comments(0)

BS-TBSのTHE歴史列伝で熊楠紹介  

9月12日放送のTHE歴史列伝で熊楠が取り上げられます。

THE 歴史列伝 ~そして傑作が生まれた~
♯22 奇跡の天才博物学者 南方熊楠

◆放送局 BS-TBS
◆放送日 2014年9月12日(金)
◆時間 22:00~22:54
◆内容
今回の列伝は「歩く百科事典」とよばれた奇人の天才博物学者「南方熊楠」。明治中期に科学誌「ネイチャー」に50を超える論文を発表、新種の粘菌を発見し、世界の学者を驚かせた。のちに日本の自然保護運動の草分けになり、生涯在野を貫いた信念の生涯を読み解く。
番組ホームページより)

是非ご覧ください。





【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-09-07 09:08 | お知らせ | Comments(0)

国立国会図書館「あの人の直筆」で熊楠資料展示!!  

b0138370_1084592.jpg

国立国会図書館の平成26年度企画展示「あの人の直筆」において、国会図書館所蔵の熊楠資料が展示されます。

◎内容
国立国会図書館では、国内外の出版物以外にも、様々な資料を所蔵しています。
今年の企画展示では、日本の近世から戦後にかけて各分野で活躍した有名人約150人の直筆資料を集めました。お札になったあの人、教科書に載っているあの人。いったいどんな字を書いたのでしょうか。絵画や、今春から提供を開始した脚本の原稿も展示します。是非、「あの人」の書いた字や描いた絵をご覧ください。(国立国会図書館ホームページより)

◎会場
国立国会図書館 東京本館 新館1階 展示室

◎期間
平成26年10月18日~11月18日(日・祝休館)

詳細はこちら

おそらく白井光太郎宛書簡だと思われますが、違っていたらすみません。




【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-09-05 10:13 | 関連展示・イベント | Comments(0)

柳田國男書簡  

b0138370_1738216.jpg

所蔵資料のデジタル化は、顕彰会の主たる事業のひとつです。
現在、100点以上ある柳田関係資料をスキャニング中です。
それにしても、字が大きいよ柳田さん。
長すぎて作業が大変。。。






【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-09-02 17:43 | 資料 | Comments(0)