<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧  

関連シンポジウム ロンドンの南方熊楠  

顕彰会が講演するシンポジウムのご案内です。
いよいよ間近に迫って参りました。
b0138370_1159844.jpg
主催:科学研究費助成事業「基礎資料に基づく南方熊楠思想の総合的研究」、熊楠関西研究会、京都大学人間・環境学研究科 川島昭夫研究室
後援:南方熊楠顕彰会


内容
来春京都大学を退官される川島昭夫先生の記念シンポジウム。
基調講演は川島先生による「南方熊楠と1890年代ロンドン」で、先生のご専門であるイギリス史と、近年の研究対象である南方熊楠について、統合的にお話ししていただく。
また、学生時代からの友人である横山茂雄氏と川島研究室出身者の代表志村真幸氏による講演も合わせておこない、「イギリス(ロンドン)と南方熊楠」というテーマについての新しい視座を示す。

日時
平成27年10月10日(土)
14:00~17:00

会場
京都大学 吉田キャンパス
吉田南構内 人間・環境学研究科棟 地下大講義室

スケジュール
■基調講演(14:10~14:55)
 南方熊楠と1890年代ロンドン
 川島昭夫(京都大学)

■講演(15:10~16:10)
 ふたりのロンドン-坪井正五郎と南方熊楠-
 横山茂雄(奈良女子大学)

 南方熊楠の描いた日本-『ネイチャー』誌、『N&Q』誌の英文論考から-
 志村真幸(京都外国語大学)

■全体討議(16:25~16:55)
 コメンテーター:松居竜五(龍谷大学)


詳細はこちら







【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2015-09-18 12:00 | 関連展示・イベント | Comments(2)

9月、10月の休館について  

9月、10月は臨時開館、休館がございますのでご注意ください。

☆シルバーウィーク中は9月22日(火)が休館となります。

☆9月25日(金)~10月11日(日)まで無休。
うち、紀の国わかやま国体期間中(9/26~10/6)は、通常より1時間早く9時に開館します。

☆10月12日(月)~16日(金)まで臨時休館となります。


◯休館日
9月
22日(火)
24日(木)

10月
12日(月)~16日(金)
19日(月)
26日(月)、27日(火)

年間のカレンダーはこちらです。



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2015-09-18 11:45 | お知らせ | Comments(0)

柳田國男生誕140周年  

2015年は柳田國男生誕140周年で、周年事業が開催されています。

生家のある兵庫県福崎町の柳田國男・松岡家記念館では、現在「松岡鼎展~柳田國男を導いた兄~」展が開催中(11/23まで)です。
詳細はこちら

神奈川近代文学館では、特別展「生誕140年 柳田國男展 日本人を戦慄せしめよ
―『遠野物語』から『海上の道』まで」が10/3~11/23まで開催されます。
詳細はこちら

どちらも当館資料は貸し出していませんが、ご興味のある方はご覧ください。



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2015-09-12 11:36 | 関連展示・イベント | Comments(0)

フォトコン用マップ③ 熊野参詣道  

史跡熊野参詣道追加地域で熊楠が歩いたルートのマップです。

◯田辺市
長尾坂


潮見峠越
①捻木峠

②潮見峠


長尾坂、潮見峠越えは田辺市熊野ツーリズムビューローのホームページもご参照ください。

※捻木峠、潮見峠へは車で行けますが、道幅が狭いため十分注意してください。
[PR]

by kumagusu-m | 2015-09-11 20:58 | 展示・イベント | Comments(0)

フォトコン用マップ② 南方曼陀羅の風景地  

南方曼陀羅の風景地のマップです。
「名勝」ですので、◯◯神社となっていても建物は関係ないのですが、建物でも結構です。
できれば「神社の森」や木々もお願いしたいところです。

◯田辺市
神島

神島は上陸禁止です。
上陸して撮影したものは除外します。

闘雞神社


須佐神社


伊作田稲荷神社(いさいだいなり)

鳥居前の駐車場は参拝者用の駐車場ではありません。

継桜王子

旧中辺路町です。
車で行けます。

高原熊野神社

旧中辺路町です。
車で行けます。

奇絶峡

滝じゃなくて大丈夫です。
どちらかと言えば峡谷の写真の方がありがたいかも。

龍神山(りゅうぜんさん)

登頂しなくても大丈夫です。

天神崎

ご存じ!日本のナショナルトラスト運動先駆けの地。
灯台のある丸山が写ってなくても結構です。

◯上富田町
八上神社


田中神社


◯白浜町
金刀比羅神社


◯串本町
九龍島(くろしま)



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2015-09-11 20:16 | 展示・イベント | Comments(0)

フォトコン用マップ① 吉野熊野国立公園  

フォトコン用のマップを作成していきます。
撮影禁止の場所では撮影しないでください。

まずは、吉野熊野国立公園で拡張される地域及び近郊で熊楠が日記、「南方二書」で言及している場所
◯田辺市
ひき岩群

2015.9.11現在、稲成から秋津に抜ける路が通行止めとなっておりますので、ご注意ください。
北入口には秋津側からしか行けません。

動鳴気(どうめき)

岩口池ばかりではなく、峡谷の方もよろしくお願いいたします。

鳥の巣

泥岩岩脈でなくても結構です。
ここからが神島に一番近いです。

◯白浜町
綱不知(つなしらず)

今は埋め立てられていますが、熊楠は植物採集をしています。
『白浜温泉史』(昭和36.白浜町役場観光課)によると、田辺からの汽船は初め大浜-江津良(えづら)、大正末に大浜-綱不知に変更、昭和2年に文里(もり)-綱不知と移ったとのことです。
もちろん昭和4年に昭和天皇がが上陸されたのも綱不知です。

塔島

熊楠は「戸島」と日記に書いています。

円月島

熊楠のいう「眼鏡岩」「眼鏡島」です。
穴に夕陽が入ってなくても大丈夫です(笑)。

権現崎


御船山、熊野三所神社

昭和天皇が紀南行幸のさいお乗りになった御座船もあります。

白良浜

熊楠は日記に「シラヽノ浜」「シララ浜」と書いています。
熊楠の当時は瀬戸鉛山(せとかなやま)村で、昭和15年に白浜町になります。
白浜町の名前はつい最近ですが、白良浜は平安時代の歌謡にもよくでてくるとのことです。

ついでに先ほどの『白浜温泉史』のよると、大正8年に開発に乗り出した会社の名前を決める際、「新湯崎温泉土地会社」(湯崎は鉛山地区)という案が出ていた。しかしその会社が経営する土地の多くはの瀬戸地区にあり、もちろん所有者も瀬戸の人だった。瀬戸と鉛山は温泉の所有権をめぐり長い間争っていたので、当時もシコリが残っていた。そのため「新湯崎」は廃案となり、「白良浜温泉土地」という社名にした。
「白良浜」では長い気がするので、熊楠の後輩である杉村楚人冠が経営地に雅名をつけに来たとき「白良(しらら)」の案が出た。
ところが当時大々的に白良浜温泉の宣伝をしていた大阪商船(現商船三井)の庶務課長が独自に「白浜」を使った。これが浸透して、「白良浜温泉土地」も「白浜温泉土地」と社名を改めた。一般的に「白浜」が使われるようになり国鉄(現JR西日本)の駅も昭和8年に「白浜口駅(現白浜駅)」として開業した。それが、昭和15年に町名にまでなった。
面白い話ですね。

崎の湯

ヌード写真は遠慮します。

千畳敷


三段壁


長浜


椿温泉

熊楠が宿泊した辻氏宿は元湯椿楼ですが、2008年に閉鎖されています。
熊楠は船で訪れており、当時は海側に玄関がありました。
帰りは朝来帰(あさらぎ)を通り陸路で帰っています。

すさみ町
稲積島





【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2015-09-11 19:18 | 展示・イベント | Comments(0)

熊楠の見た風景 フォトコンテスト  

吉野熊野国立公園拡張&海域公園地区指定記念
「南方曼陀羅の風景地」名勝指定・史跡「熊野参詣道」追加指定記念
熊楠の見た風景 フォトコンテスト
b0138370_16274932.jpg
 国の名勝にするよう答申されている「南方曼陀羅の風景地」、吉野熊野国立公園の拡張地域、熊野参詣道の追加指定箇所は、熊楠が歩き、植物採集をした場所が多く含まれています。
 今回、吉野熊野国立公園拡張&海域公園地区指定に伴うパートナーシップイベントとして、これらの地域が国立公園や国の名勝、史跡になるのを記念して、下記の通りフォトコンテストを開催いたします。
 ぜひご応募ください!

■募集テーマ
①吉野熊野国立公園で拡張される地域及び近郊で熊楠が日記、「南方二書」で言及している場所
田辺市:ひき岩群、動鳴気、鳥の巣
白浜町:綱不知、塔島、円月島、権現崎、御船山、熊野三所神社、白良浜、崎の湯、千畳敷、三段壁、長浜、椿温泉
すさみ町:稲積島
②南方曼陀羅の風景地
田辺市:神島、闘雞神社、須佐神社、伊作田稲荷神社、継桜王子、高原熊野神社、
奇絶峡、龍神山、天神崎
上富田町:八上神社、田中神社
白浜町:金刀比羅神社
串本町:九龍島
③史跡熊野参詣道追加地域で熊楠が歩いたルート
田辺市:長尾坂、潮見峠越

■募集期間
平成27年9月1日~10月30日【当日消印有効】

■賞
「最優秀賞」 1作品 商品券(3万円)
「優秀賞」  3作品 商品券(1万円)
「入 賞」  10作品 賞品(オリジナルグッズ3000円相当)

■応募規定
①どなたでも応募していただけます。
②応募作品は応募者本人が撮影したもので、未発表のものに限ります。また、以後他のコンテストに同じ作品を応募するのはご遠慮ください。
③1名につき何点でも応募できますが、受賞作品は1作品となります。
④過去に撮影した作品(3年以内)でも結構です。
⑤データはJPEG形式(jpg、jpeg)で提出してください。

■応募方法
応募用紙(南方熊楠顕彰館HP掲載)に必要事項をご記入のうえ、画像データ(CD-R)を、下記応募先まで持参もしくは郵送してください。

■審査方法等
○展 示
11月8日~12月6日の間、顕彰館学習室で展示します。応募多数の場合は、南方熊楠顕彰会事業部で50~60作品を選定いたします。写真は事務局でA4又は四つ切サイズに印刷します。

○審査方法
11月8日~12月5日までの間、観覧者1名(南方邸観覧者で高校生以上に限る)につき、1位から3位まで投票していただき、1位を5点、2位を3点、3位を1点として集計します。また、南方熊楠顕彰会事業部会委員(5名)及び田辺自然保護官を審査員とし、同様に投票を行います。審査員の配点は1位を25点、2位を15点、3位を5点として集計します。12月5日(土)の閉館後に集計し、12月6日(日)展示最終日に顕彰館で発表するとともに、同日午後から顕彰館ホームページでも発表いたします。

詳細はホームページをご覧ください。



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2015-09-11 16:44 | 展示・イベント | Comments(0)