<   2016年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧  

熊楠 in たな博 2016.10.10  

顕彰館が休館日の10月10日、和歌山県立情報交流センターBIGーUで開催される「たな博」にブースを開設します。
b0138370_19531042.jpg


田辺の魅力再発見をテーマに開催される「たな博」に「くまぐす館」を開設します。

日時/10月10日(月・祝) 10-16時
場所/和歌山県立情報交流センター BIGーU
   和歌山県田辺市新庄町3353-9

内容
・パネル展示「世界的博物学者南方熊楠」
 Q&A方式で簡単に説明しています。
・くまぐす文庫 
 児童書、漫画などを用意しています。
・ビデオ上映


顕彰館は10月10日(月)、11日(火)は定例休館日となっています。




【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2016-09-29 19:54 | 展示・イベント

関連講座 「南方熊楠 もうすぐ生誕150年」 9/24 青山   

青山ブックセンターでトークイベントがあります。

南方熊楠 もうすぐ生誕150年
柳田國男と南方熊楠
~2 人が築いた民俗学の道しるべ。

山の神さまは嫉妬深い女の神さま。
自分より醜いオコゼの顔を見ると、安心するとともに喜び、願いを叶えてくれる。

こんな伝承に興味をもった2人の研究者がいます。
南方熊楠と柳田國男です。

ある日、柳田は、熊楠という人が自分と同じく「山神とオコゼ」に関する伝承に興味を持っていることを彼の論文を読んで知り、一通の手紙を送ります。それまで面識のなかった2人ですが、そこから縁がはじまり、以来、書簡を通じて交流、意見・情報交換をし、濃密な関係を築いてきました。2人とってそれぞれの学問や研究、とりわけ民俗学への見解を深めるために、大切な時間だったことでしょう。しかし、正面から意見をぶつけ合っていたことも相まってか、さまざまな点での意見の相違が色濃くなってゆきます。二人の通信から生まれた、日本初の民俗学研究誌『郷土研究』上でも、両者の志向性の違いは次第に鮮明になっていきました。

日程:2016年9月24日(土)
時間:18:00~20:00
開場:17:30
料金:2,700円(税込)
定員:45名
会場:青山ブックセンター本店内 小教室
   (東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F)

お申込・お問合せ先
青山ブックスクール
電話:03-5485-5513
メール:culture@boc.bookoff.co.jp
青山ブックセンターホームページ





【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2016-09-21 09:15 | 関連展示・イベント