南方熊楠翁名誉市民称号称号授与墓前報告会・南方熊楠翁を偲ぶ会  

今日5月18日は熊楠翁の150回目の誕生日です。
田辺市の空は晴れ渡り、センダンが満開でした。

ありがたき 御代にアウチの 花盛り
アウチはオウチ、センダンのことです。

熊楠翁の晴れ舞台、昭和4年6月1日のご進講・ご進献のとき、神島で満開だったともいわれています。
また、亡くなる際に「天井に紫の花が咲いている」との言葉を残しましたが、紫の花とはセンダンの花だといわれています。

このよき日に熊楠翁の墓前に田辺市名誉市民の称号が贈られた旨を報告しました。
b0138370_19544381.jpg
献花用の花です。
センダンの花も用意しました。
b0138370_19461821.jpg
まずは市長から田辺市名誉市民の称号が贈られた旨報告しました。
b0138370_20045515.jpg
その後、センダンと菊の花を献花しました。

b0138370_19472123.jpg
市議会副議長の後
南方熊楠翁生誕150周年記念事業実行委員会榎本長治実行委員長です。
b0138370_19472327.jpg
副市長、教育長、ご遺族代理、田辺市議会、実行委員会常任理事の方々が献花しました。
b0138370_19471388.jpg
その後、場所を本堂に移し、実行委員会、顕彰会の主催で偲ぶ会を開催しました。
b0138370_19471696.jpg
なお、授与式は10月22日の記念式典で執り行います。


【くまちゃん】


[PR]

# by kumagusu-m | 2017-05-18 20:32 | 展示・イベント | Comments(0)

『書物学 第10巻 南方熊楠生誕150年』勉誠出版  

書物学 第10巻 南方熊楠生誕150年

勉誠出版

null


『書物学 第10巻 南方熊楠生誕150年』

いまなお人びとを魅了してやまない博物学者・南方熊楠。
近年、熊楠邸所蔵資料の網羅的かつ詳細な調査により、これまで知られることのなかった、さまざまな事実が明らかになってきた。
彼の読書体験の実態は如何なるものであったのか。
熊楠をめぐり、人びとそして書物はどのように動いたのか。
「知の巨人」との対話の最前線から見えてきた熊楠の新たな側面を紹介する。

目次
【特集 南方熊楠生誕150年】
南方熊楠と『エンサイクロペディア・ブリタニカ』志村真幸
江戸博物学との対話郷間秀夫
まぼろしの単行本構想―南方邸資料中山太郎書簡を中心に田村義也
コレクションの帰趨―オットー・ペンツィヒ、田中長三郎、南方熊楠川島昭夫

対談 今西祐一郎×横田カーター啓子
国文学研究の国際展開―著作権・データ・図書館

【本を楽しむ】
藤原忠通の漢詩散らし書き 古谷稔

【連載◎書物学ことはじめ】
西洋書誌学入門② 雪嶋宏一
書物の声を聞く 書誌学入門【10】 佐々木孝浩
江戸時代の古文書の読み方⑩ 白川部達夫
英国愛書家の系譜⑧ 高宮利行
書籍文化史料片々【其之十】 鈴木俊幸
ベストセラーと雑誌の出版史⑩ 植田康夫
愛書家としての魯迅④ 瀧本弘之
コレクションをひらく 渡部昇一

勉性出版のホームページはこちら

[PR]

# by kumagusu-m | 2017-03-17 21:57 | 書籍 | Comments(0)

『日本犬の誕生』志村真幸 勉誠出版  

日本犬の誕生

志村真幸 /勉誠出版

null


猫好きの方が犬の本を出してので紹介します。
『日本犬の誕生 純潔と選別の日本近代史』
初版発行日:2017年3月28日

第一章 ニホンオオカミは「いつ」絶滅したのか?―平岩米吉と南方熊楠―
第二章 ジャッカルと日本犬―犬の祖先をめぐる問題―
第三章 「日本犬」の姿を求めて―近世以前の日本犬―
第四章 明治期日本の犬たち―洋犬の導入と日本犬の衰退―
第五章 日本犬保存会と天然記念物―甲斐犬の指定を中心に―
第六章 昭和初期日本犬の検討―猟犬、使役犬、番犬、愛玩犬―
第七章 狆と高安犬―日本犬から外された犬―
第八章 日本犬と戦争―立憲政友会と軍用犬―

勉強出版のホームページはこちら
詳細な目次をみることができます。
是非ご購入ください。

[PR]

# by kumagusu-m | 2017-03-17 21:52 | 書籍 | Comments(0)

『日本犬の誕生』志村真幸 勉誠出版  

日本犬の誕生

志村真幸 /勉誠出版

null


猫好きの方が犬の本を出してので紹介します。
『日本犬の誕生 純潔と選別の日本近代史』
初版発行日:2017年3月28日

第一章 ニホンオオカミは「いつ」絶滅したのか?―平岩米吉と南方熊楠―
第二章 ジャッカルと日本犬―犬の祖先をめぐる問題―
第三章 「日本犬」の姿を求めて―近世以前の日本犬―
第四章 明治期日本の犬たち―洋犬の導入と日本犬の衰退―
第五章 日本犬保存会と天然記念物―甲斐犬の指定を中心に―
第六章 昭和初期日本犬の検討―猟犬、使役犬、番犬、愛玩犬―
第七章 狆と高安犬―日本犬から外された犬―
第八章 日本犬と戦争―立憲政友会と軍用犬―

勉強出版のホームページはこちら
詳細な目次をみることができます。
是非ご購入ください。

[PR]

# by kumagusu-m | 2017-03-17 21:52 | 書籍 | Comments(0)

『南方熊楠―複眼の学問構想』  


『南方熊楠―複眼の学問構想』発売中です。
facebookページでは紹介していましたが、多忙につきブログでの紹介が今日になりました。
是非ご購入ください。

慶應義塾大学出版会のホームページはこちら

[PR]

# by kumagusu-m | 2017-03-17 21:40 | 書籍 | Comments(0)