MINAKATA, Kumagusu, l'émergence d'une pensée écologique entre Orient et Occident  

b0138370_17334864.jpg
フランス語版の熊楠の本がアンドラ公国の出版社より発行されました。
かれこれ4,5年かかったと思いますが、無事発行できてなによりです。
英語とフランス語で出ると聞いていたのですが、英語はもう少し先のようです。


MINAKATA, Kumagusu, l'émergence d'une pensée écologique entre Orient et Occident
Authors: OHARA Satoshi, professor at Osaka University, Japan
and VALMALETTE Jean-Christophe, professor at Toulon University, France
The Golden Nihon Collection
translation of the japanese part : Myriam Dartois-AKO
simultaneously printed book and e-book
Languages : French, English
publication date: French March 2016, English later 2016
ISBN: 9789992068212
price: €23,50

出版社のホームページはこちら




【くまちゃん】
[PR]

# by kumagusu-m | 2016-04-09 17:34 | 書籍

『熊楠研究』第10号 発行しました!!  

b0138370_1741850.jpg

南方熊楠研究会の紀要『熊楠研究会』第10号を発行しました。

●第10号 (A5判 294ページ)

巻頭言  武内善信

Ⅰ 特集1 神社合祀反対運動再考
特集にあたって  畔上直樹
神社合祀反対運動研究の現状と問題点 ―「エコロジー」を中心に―  武内善信
神社合祀と神社合祀反対の間にあるもの ―熊楠研究の問題点―   原田健一
「鎮守の森」をめぐる顕彰と検証 ―明治神宮史研究のフィールドから―  今泉宜子
シンポジウム・コメント  田村義也

Ⅱ 特集2 英文論考研究の新展開
南方熊楠 英文論考研究の新展開 ―はじめに―  志村真幸
長編英語論文に基づく南方熊楠の学的方法論の検討 ―いわゆる「事の学」の解明に向けて―  嶋本隆光
『郷土研究』と甲寅叢書 ―南方英文論考と日本の民俗学―  菊池 暁
南方熊楠の『ノーツ・アンド・クエリーズ』誌への投稿(二) ― 一九一六年~一九三三年―  志村真幸

Ⅲ 論考
南方熊楠と『甲斐昔話集』 ―「泡んぶくの敵討」をめぐって―  一條宜好
土宜法龍と「事」ども ―真言教学からの「事の学」再検討のこころみ―  小田龍哉
南方熊楠の因果論とハーバート・スペンサー ―土宜法竜往復書簡に見られる議論を通して―  サライ・ペーテル

Ⅳ 資料紹介  書評
【資料紹介】南方熊楠顕彰館蔵、南方熊楠・岡茂雄往復書簡資料について(承前)  広川英一郎・岸本昌也・田村義也
【書評】唐澤太輔『南方熊楠-日本人の可能性の極限』  松居竜五


ご購入はこちら







【くまちゃん】
[PR]

# by kumagusu-m | 2016-04-09 17:06 | 書籍

日本美のこころ 彬子女王/小学館  

日本美のこころ

彬子女王 / 小学館



小学館の雑誌『和楽』で連載中の「彬子女王が贈る日本美のこころ」が単行本化されました。
出版記念パーティーは昨日だったのですが、発売は昨年12月15日です。
偶然ですが、私の誕生日です。

3年にわたり連載された分が単行本化されたわけですが、2013年6月号に掲載された「熊野古道、祈りの道を歩く」も含まれています。
「熊楠を執着させた熊野路の魅力とはいったい何なんだろうか。それが知りたくて、私も熊野の地を訪ねた」
熊野で女王殿下は何を感じられたのでしょうか?
是非ご購入ください。

小学館ホームページ


【くまちゃん】
[PR]

# by kumagusu-m | 2016-03-17 13:40 | 書籍

藤木邸が更地になりました  

熊楠が現南方邸へ転居する前、明治43(1910)年~大正5(1916)年まで住んだ家は、藤木八平の持ち家であったため、便宜上藤木邸と呼ばれます。現南方邸の向かい側にあったのですが、つい最近まで風情のある家が建っていました。もちろん熊楠が住んでいた当時の家ではなかったのですが、蔵もあり立派なお宅でした。この度そのお宅が取り壊され、更地となりました。
b0138370_9575873.jpg
藤木邸跡 この敷地の一角に熊楠が住んでいました。

柳田国男や河東碧梧桐が訪ねたのはこの藤木邸で、碧梧桐は熊楠を訪ねた折、「木蓮が蘇鉄の側に咲く所」という句を熊楠の日記に記しています。
取り壊す前に入れてもらったのですが、残念ながら木蓮、蘇鉄は残っておらず、切り株も発見できませんでした。
b0138370_17181028.jpg
   碧梧桐の俳句
b0138370_17182795.jpg
   藤木邸での熊楠一家





【くまちゃん】
[PR]

# by kumagusu-m | 2016-03-09 15:37 | ゆかりの地

あすのWA!  

和歌山県にお住まいの方にお知らせします。
本日午後6:30からの「あすのWA!」で熊楠が紹介される予定です。

NHK総合(NHK和歌山放送局)
番組:あすのWA!
   わかやまアーカイブス
時間:午後6:30~7:00

今回のわかやまアーカイブスは、「紀南の観光」がテーマで、神島が国の天然記念物に指定されたときの熊楠の言葉が紹介される予定です。
ちなみに、神島は熊楠らの尽力により昭和10年に国の天然記念物に指定されましたが、昨年国立公園となり、国の名勝にも指定されています。







【くまちゃん】
[PR]

# by kumagusu-m | 2016-02-18 14:14 | お知らせ