タグ:書籍 ( 98 ) タグの人気記事  

小学館『Domani』の取材で井浦新さんご来館!!  

2014年2月5日
小学館『Domani』の取材で井浦新さん来館されました。
隔月で「新空館」という連載があり、その取材です。
「新空館」は、井浦新さんが、日本各地の「心躍る場所(館)」、「美しいもの」を紹介するコーナー。

4月1日発売予定の5月号で南方熊楠を取り上げます。
取材依頼のFAXによると、井浦さんご自身も熊楠を敬愛しているとのこと。
ありがとうございます!!
結構、男には人気なんですよね。

当館(南方熊楠顕彰館・南方熊楠邸以外に、神島・熊野古道、白浜の記念館も取材されたようです。

ご本人、出版担当者の許可を得て、取材風景をひとまず先にUPします。

b0138370_17123871.jpg
南方邸の書斎の前で
b0138370_17123265.jpg
収蔵庫で和漢三才図会の写本を見る井浦さん
b0138370_17123120.jpg
履歴書を見る井浦さん
b0138370_17124490.jpg
キャラメル箱を開ける井浦さん
b0138370_17125159.jpg
書斎で熊楠と同じポーズをとる井浦さん
b0138370_17125292.jpg
また、男前と一緒に写真を撮ってしまった。。。。。。

取材は開館日でしたので、たまたま出会った人はラッキーだったかも。







【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-03-02 17:20 | 取材等 | Comments(0)

科学の人・孫文  

科学の人・孫文: 思想史的考察 (現代中国地域研究叢書 6)

武上 真理子 / 勁草書房



“革命家としての孫文像を見直し、「サイエンス」の時代におけるその科学哲学の生成と深化の過程を追う”

P155~
補論 孫文と南方熊楠
 はじめに
 第1節 熊楠の科学観の形成──「和漢洋三才図会」への道
 第2節 民俗学と近代科学をめぐる対話──ロンドン時代
 第3節 植物学をめぐる対話──和歌山での再会後
 むすび

出版社のHPはこちら



【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-03-02 15:00 | 書籍 | Comments(0)

『熊楠研究』第2号増刷しました!!  

長らくお待たせいたしました!

b0138370_18241577.jpg

私が異動してきたときには(もう6年になりますが。。。。。)売り切れていた『熊楠研究』第2号を増刷しました。
改訂版ではありません。単なる増刷です。
奥付の情報は古いままです。
2,800円(別途送料290円)

詳細・ご購入はこちら!

なお、現在品切れとなっております第4号、第6号についても増刷中です。
今しばらくお待ちくださいm(__)m





【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-02-20 18:34 | お知らせ | Comments(0)

水木しげる漫画大全集 発売中!  

猫楠他 (水木しげる漫画大全集)

水木 しげる / 講談社

2013年6月から刊行されている『水木しげる漫画大全集』ですが、2014年1月はいよいよ『猫楠他』です。

講談社コミックプラスのページから引用しますと、

『猫楠 他』は希代の博物学者・南方熊楠を描いた伝記漫画。型破りな不世出の天才怪物を、猫の視点から見た「猫楠」の他、「快傑くまくす」「怪少年」「てんぎゃん」が収録された読み応えのある一冊となっております。

とのこと。

ご興味のある方は是非ご購入ください。


水木しげる漫画大全集のページはこちら




【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2014-01-12 10:41 | 書籍 | Comments(0)

『南方熊楠の説話学』出版!!  

南方熊楠の説話学

飯倉照平 / 勉誠出版



飯倉照平先生の本が勉誠出版より出版されました。
b0138370_1045729.jpg


南方熊楠の「知」と「情」の源流を探る

南方熊楠が生涯をかけて凝視しつづけたのは、森羅万象の生命力のもつ不可思議さであった。
幼時からアジアを包みこむ視野をもつ『和漢三才図会』の天地に分け入り、さらに西方世界にも開かれた唐代中国の『酉陽雑俎』を縦横に読みとき、古代インドの苦悩を塗りこめた大蔵経の行間を鋭く切り裂いてみせ、それらに通底して持続する男女の営みにも視線をそそいだ。
アメリカ、イギリスでの十数年の放浪と、西洋の学問への研鑽をへながらも、厖大な説話を集積した漢字世界の書物に晩年まで没頭していた南方熊楠。
その説話学の広野に足を踏み入れる探求者に捧げる一冊。
[勉誠出版ホームページより]
[PR]

by kumagusu-m | 2013-10-16 10:50 | 書籍 | Comments(0)

作家の寮美千子さんご来館  

6月に小学館から発売された絵本「エルトゥールル号の遭難 トルコと日本を結ぶ心の物語」の著者、寮美千子さんが、串本町長を訪問の翌日、顕彰館に立ち寄られました。

寮さんが、気になる3人がいるとのこと。
宮沢賢治、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)、そして南方熊楠だそうです。

顕彰会事業部員をお願いしているみ熊野ねっとのてつさんのご案内で、田辺を中心に近隣のゆかりの場所を訪ね、顕彰館・南方邸にも来られました。

b0138370_10471555.jpg
さっそくサインをいただきます。
b0138370_10471868.jpg
b0138370_10475968.jpg
収蔵庫で熊楠宛佐々木喜善書簡を調査中
b0138370_1048673.jpg
南方邸にて
この後、顕彰会事業部のメンバーと夕食会で盛り上がりました。

串本訪問時の紀伊民報記事
『エルトゥールル号の遭難』小学館ホームページ

【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2013-08-22 11:31 | 取材等 | Comments(0)

『説話から世界をどう解き明かすのか 説話文学会設立50周年記念シンポジウム[日本・韓国]の記録』  

説話から世界をどう解き明かすのか: 説話文学会設立50周年記念シンポジウム[日本・韓国]の記録

笠間書院



柳田國男、南方熊楠、高木敏雄、芳賀矢一らによる、近代説話学の創始から、一〇〇年。
五〇年前に設立された説話文学会が、日本のあり方にかかわるすべての領域に、 「説話」というキーワードで挑む。【笠間書院ホームページより引用】

Ⅲ 説話文学会ソウル例会[2012年12月例会]の記録(韓国日語日文学会共催)
●【全体シンポジウム】 
古典の翻訳と再創造―東アジアの今昔物語集
司会 文明載・千本英史
趣意文 小峯和明

古典の翻訳と再創造―東アジアの『今昔物語集』―[小峯和明]
一 世界で訳される『今昔物語集』/二 翻訳から浮かび上がる研究・解釈の問題/三 イメージの翻訳へ/四 翻訳文学としての『今昔物語集』―翻訳の現場/五 翻訳の具体相―〈漢〉と〈和〉の交差/六 南方熊楠の書き込みメモからモチーフの翻訳へ―中国類書・志怪小説との比較研究へ/七 東アジアの共通語としての「説話」


【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2013-08-03 18:55 | 書籍 | Comments(0)

科学 2013年 08月号 (岩波書店)は南方熊楠特集!!  

科学 2013年 08月号 [雑誌]

岩波書店



岩波書店の科学2013年8月号は熊楠特集!!
南方熊楠 ―森の巨人がまいた胞子(タネ)
是非ご一読ください。


科学トップページはこちら
トップページより「最新号目次へ」、「目次(本誌印刷版)のpdfはこちら」をクリックしてください。
[PR]

by kumagusu-m | 2013-07-27 18:52 | 書籍 | Comments(0)

『きのこ文学ワンダーランド』発売!!  

きのこ文学ワンダーランド

DU BOOKS




目次
きのこ文学の森へようこそ
きのこ de アート
きのこ切手 de 世界旅行
お散歩 de きのこ狩り
召しませ! きのこ
きのこグッズあれ・これ
きのこ文学を読む


p56-57「南方熊楠の『菌類図譜』」で熊楠が紹介されています。

出版社のホームページはこちら
[PR]

by kumagusu-m | 2013-07-26 11:34 | 書籍 | Comments(0)

小学館 『和樂』 2013年6月号 熊野古道 祈りの道を歩く  

和樂 2013年 06月号 [雑誌]

小学館



小学館 『和樂』2013年6月号(発売中)

彬子女王殿下が贈る「日本美のこころ」第28回
熊野古道 祈りの道を歩く

みなさんには内緒にしていましたが、2013年3月10日~12日にかけて、彬子女王殿下が取材で熊野に来られていました。
顕彰館には3月10日、11時20分~13:15分まで、お食事時間(30分)も含め、約2時間滞在されました。
熊楠に非常に興味を持たれているようで、南方邸や収蔵庫を熱心にご覧くださいました。

昨年11月にも高円宮妃殿下がご来館になったところなので、4ヶ月後に再度皇族がお越しになられるという、地方では非常に珍しいケース。
高円宮妃殿下は公式行事、彬子女王殿下は非公式なので、職場でも限られた人しか知りませんでした。
今回、その際の紀行文が掲載された、小学館 『和樂』6月号が発売になりました。

当初の予定ですと、
10日は顕彰館、滝尻王子、継桜王子、熊野本宮大社、川湯で宿泊
11日は熊野本宮館、発心門王子~熊野本宮大社(ウォーク)、熊野速玉大社、勝浦で宿泊
12日は熊野那智大社~那智の滝
というルートでしたが、顕彰館の後は予定通り進んだかどうかは存じ上げておりません。

さて、彬子女王殿下の文、「自然を畏れ、敬う心」ですが、私ごときが書評をすべきではありませんので、ご興味のある方は是非ご購入ください。
ありがたいことに、出だしが「熊楠」です。


【くまちゃん】
[PR]

by kumagusu-m | 2013-05-01 18:30 | 書籍 | Comments(0)