南方邸のウメを守れ!  

 南方邸にも、熊楠の時代からの梅の木があるんです。 以前の記事
 しかし、この梅の木かなり古いんです。
b0138370_12484675.jpg
 こんな感じにえぐれています。
b0138370_124921.jpg
 横から見るとこう。 かなりやばい。。。。。
b0138370_12491793.jpg
 宮崎県知事だと「どげんかせんといかん!」、この近辺ですと「なっとかせなあかん!」

 まずこの梅の穴をふさぐ前に、この梅(備後梅)の遺伝子を残すべく、接ぎ木をすることにしました。

 こちら田辺市は、市町村合併前までは日本一の梅の産地!
 現在はみなべ町(旧南部町・旧南部川村)に抜かれたといえども、全国の梅の約2割は紀州田辺産です。
 というわけで、梅農家(みかんもしてるけど。。。)の方にお願いして接ぎ木をしていただきます。
b0138370_12492969.jpg
 穂木として今年伸びてきた徒長枝を使用します。
 かなりの古木なので、あまりなかったとのことです。
b0138370_12494158.jpg
 これでかなりの接ぎ木ができます。

 1年後には5~60cmになるとのことです。


【くまきち】
[PR]

by kumagusu-m | 2008-10-08 12:53 | 南方邸

<< 植芝盛平      カラタネオガタマが咲いています。 >>